世界投資へのパスポート
2017年8月14日公開(2017年8月14日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

北朝鮮情勢の悪化により、好調だった米国株が下落!
北朝鮮に対する米国、中国、ロシアなどの思惑や、
地政学的要因が世界経済へ与える影響とは?

北朝鮮情勢の影響で米国市場が下落
なぜ今、北朝鮮と緊張状態がエスカレート?

 先週、ダウ工業株価平均指数(NYダウ)は週間ベースで-1.1%と、今年3月以来、最大の下げ幅を記録しました。これは、とうぜん北朝鮮情勢が影響しています。

■NYダウチャート/日足・3カ月
NYダウ(ダウ工業株30種平均)/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 北朝鮮と米国は、お互いに相手を強く非難し、舌戦はエスカレートしている印象を与えます。なぜ今、両者はここまで昂っているのでしょうか?

 それは、今月末に韓国と米国が共同で軍事訓練を行うからです。なおこれは毎年行われています。でも、それを隠れ蓑にして、米国が北朝鮮に突如、先制攻撃をかけるリスクがあると北朝鮮は判断したのだと思います。

 だから、そうならないように、北朝鮮が「グアムに大陸間弾道弾を打ちこむ」と米国をけん制しているのです。

グアムに向けた北朝鮮の
ミサイル攻撃をめぐる様々なシナリオ

 北朝鮮から見ると、グアムは日本を挟んだ反対側に位置しています。だから、もしミサイル発射が失敗し、ミサイルが日本の領土に墜落すると大きな国際問題になります。

 その他、起こりうるシナリオとしては、北朝鮮のミサイルを米国と日本がまんまと空中で撃ち落とすことに成功すれば、北朝鮮の脅しは威力を失うことが考えられます。

 逆に、米国のミサイル防衛システムをくぐりぬけ、ミサイルがグアムの近海に届いた場合、米国のミサイル防衛システムが張子の虎だったと認識され、米国は面目を失うとともに、ムキになって対立をエスカレートさせる可能性もあります。

 中国やロシアは、極東におけるアメリカの軍事プレゼンスを限定したいと考えています。とくに中国は、アメリカが極東から手を引くと北朝鮮もテンションを下げ、結果として極東全体にとってプラスになるだろうと考えています。

 でもアメリカは、その考えには大反対です。

 韓国はアメリカの庇護の下にあるので、基本的にアメリカに同調しているものの、ひとたび紛争になれば、それに巻き込まれて大きな被害がでるのは必至なので、中国の考え方に共感を持っている筈です。

地域紛争の経済への影響は
景気サイクルの文脈で考えることが重要

 次に、地域紛争が経済に与える影響について考えます。

 まず、地域紛争が直接、景気後退の引き金となることは稀です。ただ、景気拡大局面が長く続いて、そろそろくたびれてきたときに、たまたま外部要因が重なると景気暗転の背中を押すことになると思います。

 つまり、地域紛争だけに注目するのではなく、「景気サイクルの文脈の中で、地政学的要因がどうそれに働きかけるか?」を考えなくてはいけないということです。

好調な中にも、かげりを感じさせる米国経済
ドル安のメカニズムと投資判断は?

 その点、最近のアメリカ経済や株式市場は、好調な中にも「なにか変」という異変を感じさせます。たとえば、「そんなに景気が良いのなら、なぜ長期金利は下がっているの?」ということがよく指摘されます。

 また、「景気が良いのに、ドルはダダ下がりじゃないか?」という意見も無視できません。

 それについての説明ですが、欧州をはじめとする世界経済は、アメリカ経済に比べると、いま相対的に強くなっています。だから投資家が、資金を欧州などへシフトしはじめたことがドル安の一因だと思われます。

 また、極端なドル先高観に訂正が入ったことも見逃せません。

 具体的には、米国では去年の11月の大統領選挙の結果を見て、景気に対する強気意見が極端に多くなりました。なぜなら、トランプ大統領が大型減税や大型インフラ投資を打ち出すとぶち上げたからです。

 しかし、それらは実現していません。

 いま、米国は貿易赤字ですが、一方の欧州はGDPの3.3%に相当する貿易黒字を記録しています。それは、放っておけばドル安になる構造であることを示唆しています。

 もしドル安トレンドが今後も続くのであれば、海外から米国へ投資している投資家は、いま米国株に投資するのはリスキーだという判断をするかも知れません。

米国企業の決算が良くても
株が上がらないのはナゼ?

 第2四半期決算発表シーズンが終わりましたが、S&P500採用銘柄の1株当たり利益の成長率は、予想の+6%に対し、実際には+10%くらいでした。つまり、今回の決算発表シーズンでは、ポジティブ・サプライズを出した企業が多かったのです。

 しかし、良い決算を出しても株が上がらないケースが多く見られました。一例としてエヌヴィディア(ティッカーシンボル:NVDA)の決算は、文句のつけどころが無い良い決算でしたが、株価は決算発表後急落しています。

 このように「良い決算なのに、株価は上がらない」という局面は、相場の転換点を示唆する場合が多いので、気を付ける必要があります。

【今週のまとめ】
米国株の軟調は、相場の転換点を示唆しているのかも

 北朝鮮情勢を嫌気して、米国株は軟調な展開になっています。

 しかし、地域紛争が景気後退を招くことは稀です。もし景気後退が起こるのなら、それはもともと景気サイクルが下り坂にさしかかっていたなどの、景気そのものに由来する理由が背景にあるはずです。

 その点、現在の米国経済は好調な中にもかげりを感じさせます。決算が良いにもかかわらず、株が上昇しなくなっているのも相場の転換点を示唆しているので、個人投資家も注意が必要です。

【今週のピックアップ記事!】
RIZAPグループ(2928)、株主優待の拡充を発表!株式分割後も優待内容は据え置きで、100株保有時の優待利回りは2.13%⇒3.19%になるなど高利回りに!
「自転車保険」に入るより、クレジットカードの「個人賠償責任保険」に入るほうが安くておすすめ!月額たった150円で、最大1億円の補償が付帯する!
【2017年10月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で資産倍増計画![2018年版]】
1億円に早く近づく厳選56銘柄を公開
億超え投資家資産倍増の極意
・今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
プロが提言! 2018年に日本株を買うべき理由! 
・変化の追い風を先読み! 新デフレ&新興国株
・好業績&割安! 上方修正期待株&成長割安株
・第4次産業革命! 独自技術を持つ部品株
新iPhone上がる株 25
利回りが大幅アップ!「長期優遇あり」の優待株
・今買うべき新興国株投資信託ベスト25
ネット証券のサービスを徹底比較! 
・怖いのは死亡・入院だけじゃない!
「働けない」を 助ける保険! 
iDeCo個人型確定拠出年金老後貧乏脱出!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング