世界投資へのパスポート
2017年8月29日公開(2017年8月29日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

今回の北朝鮮のミサイル発射は、金正恩の「本気」が
感じられる! ただし騒ぐのは日本の投資家ばかりで
冷戦に慣れたアメリカ国民は意外と動揺していない?

北朝鮮がミサイル発射!
今回は前回と違って予告なし

 8月29日未明、北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過しました。過去に北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過したケースでは事前に通告がありましたが、今回はありませんでした。

 今回のミサイルは、平壌の国際空港に近い場所から発射されました。このところ北朝鮮は全国のいろいろなミサイル・サイトからミサイルを発射しており、わざと分散しています。これは、もし米国が北朝鮮を攻撃すると決めた場合、どのサイトを攻撃すればよいかわからなくするための措置だと言われています。

北海道上空を飛んだルートは
一番無難なコースだった?

 北海道上空を飛んだというのは、いままでのルートとは違うので、日本側にとってはショックが大きかったと思います。

 ただ、米地政学サイト、ストラトフォアは「今回は、日本上空を飛ぶルートの中では、一番無難なコースを選んだ」という見方をしています。ストラトフォアがそう考える理由は、北海道は比較的人口密度が少ないので、もし日本の国土にミサイルが落ちた場合でも、ダメージが小さいからです。

なぜ今回は、ミサイルの高度ではなく
飛距離を選んだのか?

 今回のミサイルの最高高度は、550キロだったそうです。これは7月28日のミサイル発射テストの際の高度3700キロよりずっと低いです。

 つまり、「高く飛ばすのではなく、遠くに飛ばす」実験をしたのです。

 もし北朝鮮が、以前にアメリカに対して警告したように、「グアムの近海にミサイルを撃ちこむ」意図を持っているのであれば、今回の飛距離を重視したテストの方が、北朝鮮がやりたかったことに近いです

 さらに今回は、以前のテストより重い弾頭を積んで行われた可能性も指摘されています。

 ミサイルが3つに分解して墜落したという報道がありますが、それは「空中分解しなければ、もっと遠くに飛んでいたかもしれない」ことを意味します。

 いずれにせよ、今回の北朝鮮のミサイル・テストは、北朝鮮の「本気」を感じさせるものだったと言えます。

北朝鮮のミサイル発射の
市場への影響は?

 さて、北朝鮮のミサイル技術は、近い将来、アメリカ本土にも到達できるまでに向上していると言われています。

 しかし、アメリカ国民や市場関係者の大半は、本当に北朝鮮のミサイルがアメリカ本土に飛んでくると言う風には心配していません。アメリカの場合、冷戦時代からずっとソ連の核ミサイルの脅威にさらされてきたので、それに比べれば北朝鮮など取るに足らないという意見が根強いのです

 すると、このニュースでいちばん反応するのは、日本の投資家、つまり円ならびに日本株ということになります。

 地政学リスクの材料に対しては、投資家はリスクオフのスタンスを取ります。通常、リスクオフのシナリオでは円は買われます。つまり、北朝鮮のミサイル発射のニュースは円高要因です。個人投資家は、そのあたりを考慮して今後の投資判断を行う必要があります。

【今週のピックアップ記事!】
北朝鮮のミサイル発射で、日経平均は大幅下落へ!? この先、日経平均が200日移動平均線を割り込むと「円高ドル安&日本株売り」が止まらない展開に!
ネット証券の手数料競争が激化し「0円」が常識に!? 楽天証券とSBI証券は、1日10万円までの取引で売買手数料を「無料化」したので、初心者におすすめ
【2017年9月6日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!