世界投資へのパスポート
2017年11月6日公開(2017年11月6日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

カルト的な人気となった「スクエア」が、11月8日に
注目の決算を発表! クレジットカード決済を扱う
フィンテック企業が、この1年で急成長した理由とは?

スクエアは、クレジットカードの読み取り装置から
始まったフィンテック企業

 スクエア(ティッカーシンボル:SQ)は、ツイッターの共同創業者のひとり、ジャック・ドーシーが2009年に立ち上げた企業です。

 スクエアは、いわゆるフィンテック企業に分類されます。当初はスマホやタブレットでクレジットカードの情報を読み取るための小さくて四角い、読み取り装置を作っていました。

 いまでもそのビジネスは継続していますが、読み取り装置は、単に顧客とのリレーションシップを築くきっかけに過ぎず、それで儲けようとは考えていません。むしろ様々なトランザクション(取引)ならびに付帯サービスで稼ぐビジネス・モデルです。

長らく「ダメ企業」と見られていたスクエアだが
ここ1年で業績がみちがえるほと良くなった

 スクエアが2015年11月に新規株式公開(IPO)されたとき、大企業のひしめく決済システムの業界への参入ということで、懐疑的な投資家が多く、初値レンジ11~13ドルを大幅に下回る9ドルで値決めされました。そして、上場後もしばらく鳴かず飛ばずの状況が続きました。

 これが変わったのが、2016年の第4四半期決算です。それ以降、同社は、毎回目の覚めるような良い決算を出しています。

 次の決算発表は11月8日(水)引け後で、コンセンサスEPS予想は5セント、売上高予想は2.45億ドルです。したがって今回の決算発表では、これらの数字を超えることが必要になります。ちなみに去年の第3四半期のEPSは、-9セントでした。

なぜスクエアの業績は
これほどまでに良くなったのか

 「なぜスクエアは良い会社になった?」という理由ですが、まず、同社の提供しているのは、レストラン、商店主、コンサルタント、大工さん、その他のスモール・ビジネスのオーナーが切実に必要としているサービスだということです。

 アメリカのビジネスの大半は、実はスモール・ビジネスです。事業者数ベースでは9割がスモール・ビジネスだと言われています。それらの企業は3兆ドルの商取引を行っています。

 しかし、これまでは個人店主や大工さんは、クレジットカードによる決済を導入しにくく、現金や小切手に頼ってきました。それが、スマートフォンが普及したことにより、それにクレカ読み取り装置を挿し込めば、そうした零細のビジネス・オーナーでもキャッシュレス決済に移ることができるというわけです。

 スクエアのサービスはとても信頼性が高く、しかもITの専門家や経理の専門家でなくても使いやすいので、スモール・ビジネスのオーナーの間では、スクエアのブランドは、「カルト的」と言って良いほど好印象を持たれています

クレジットカード決済を軸にした
サービスの多角化に成功

 そのブランド力を背景に、スクエアは零細企業が必要としている、様々な付帯サービスを繰り出しているのです。

 具体的には、スマートフォンやタブレットでの売り上げ情報を会計ソフトに連動させることにより経理の手間を省く仕入管理のソフトに連動させる短期の運転資金の融資を行う、といったサービスです。

 たとえば、美容院は土日に来店客がピークを迎えます。お客さんが代金をクレジットカードで払った場合、その売上が美容院の銀行口座に入金するのは、だいぶ後になってしまいます。ところが、週末は美容院のスタッフが総出で出勤するので、従業員への支払いは先に行わなければいけません。すると美容院の経営者は、運転資金のやりくりに苦心するのです。

 スクエアは、クレカ読み取り装置を通じて「いまこの美容院は沢山売り上げたのだから、即金で融資してもリスクは無い」ということを把握しているので、迅速に与信できるのです。

 このような商店主への融資は、平均すると60万円程度の金額だそうです。商業銀行の場合、そんな小さな融資金額では利益が出ません。

スクエアに対する顧客の満足度が
低い顧客離反率を実現

 「スクエアを使えば、経理も仕入れも資金繰りも楽になる」ということを経営者が理解したので、ひとたびスクエアを導入した顧客は離反しません。

 実際、スクエアよりもっと安い手数料を提示し、鞍替えを提案する業者はいるのですが、一度スクエアの使いやすさに慣れた顧客は、心を動かされません

 こうしたことを背景に、スクエアのグロス・ペイメント・ボリューム(取扱高)は着実に伸びています。

【今週のまとめ】
始まったばかりのスモール・ビジネスのキャッシュレス化で
売上げを伸ばし続けられるのか要注目!

 スクエアは、いままで銀行から相手にされてこなかった大工さんや士業の人たちといった、スモール・ビジネスを顧客として開拓しています。このマーケットは大きく、彼らのキャッシュレス化は未だ端緒についたばかりです。

 11月8日(水)に決算が発表されるので、無事コンセンサス予想の数字を超えることができるのか、注目したいと思います。

■スクエア(SQ)チャート/週足・2年
スクエア(SQ)チャート/週足・2年(スクエア(SQ)チャート/週足・2年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示
【今週のピックアップ記事!】
資産を1年で7倍にしたカブ知恵の藤井英敏さんが、「短期間で資金を大きく増やす鉄則」を伝授! 移動平均線を使った売買のルールや注目テーマも紹介
【2017年 最新版】今すぐ株を買いたい人必見! たった1日で口座開設できるネット証券はここだ!
【2017年10月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング