世界投資へのパスポート
【第333回】 2014年9月22日公開(2014年9月22日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

ドル高の背景にあるもの

1

【今回のまとめ】
1.米国経済は抜きん出て強い
2.政策金利引き上げへの技術的な下準備は整った
3.イールドカーブは5年のところが持ち上がっている
4.ドイツとの比較では、米国の利回り面での妙味がUPした

ドル高が続いている

 先週、ドル/円が一時109円をつけました。これは2008年8月以来の高値です。そこで今回は、なぜドル高になっているのかを整理してみたいと思います。

強いアメリカ経済

 まず米国経済が他の先進国に比べて強いことを指摘する必要があります。下は先週発表された経済協力開発機構(OECD)による予想です。

  今年から来年にかけてのGDP成長では、米国が群を抜いていることがわかります。

 このような経済の好調は、堅調な内需によって支えられています。下は実質民間消費支出です。

  ここでもアメリカが際立っていることがわかると思います。

FRBは、どうにでも動ける

 米国連邦準備制度理事会(FRB)はこのような経済の立ち直りを見て、これまでの非常時の金利政策を改め、平常な金利政策へ移行してゆこうとしています。

 それは言い直せば量的緩和政策から脱却するということです。

 実際、債券買入れプログラム(QE)は、10月をもって終了します。

 これに加えて、先週の連邦公開市場委員会(FOMC)では二つの重要な事がシグナルされました。

 第一番目のポイントは、FRBが次の金利政策に戻って行くにあたって、これまでの量的緩和政策の後始末は、後回しで良いということがハッキリ表明されたということです。

 それでは量的緩和政策の後始末とは、具体的に何を指すのでしょうか?

 それはFRBが市場に流動性を提供する過程で、債券類をどんどん買い込み、それがFRBの金庫に積み上がって在庫になっているという事を指します。普通に考えれば、この在庫をちゃんと処分してから、次の政策へ移行するのが筋だと思います。

 ところがFRBは「債券の在庫は、保有したままで構わない」という考え方を表明しました。債券には償還、つまり満期というものがあります。従ってずっと保有したままにしておけば、いずれ満期が来て、それはキャッシュに変わるわけです。そのように自然な成り行きに任せて在庫を徐々にキャッシュ化する方法は、時間がかかるけど、市場に債券を売り返す必要が無いので、需給関係を悪化させる懸念はありません。

 これは債券、とりわけ長期債の保有者にとってはホッと胸をなでおろす発表です。

 次に現在、実質ゼロ金利となっているわけですが、今後の経済指標の動向によっては政策金利であるフェデラルファンズ・レートの引き上げが始まることがほのめかされました。

 今回のFOMCでは、その引き上げのタイミングに関しては、以前より遅くもなってないし、早くもなってない、つまり変更ナシだったのです。ただ「データ次第で、急な対応が必要となったあかつきには、すぐ動けるように」具体的にどうフェデラルファンズ・レートを誘導してゆくのか、その技術的な手法が披露されました。そこではミューチャルファンド(=投信)とレポ契約するなどの方法で、政策金利を一定のレンジの中に収める意向であることが解説されたわけです。

 するとFRBは、クチでは「いままでとタイミングはなにも変わっていないし、考え方もかわっていない」と言いながら、利上げのための準備という点では、着々とそのステップの明快化を進めているわけです。

【2017年6月5日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!