世界投資へのパスポート
【第341回】 2014年11月17日公開(2017年11月29日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

先進国の経済成長が、ここから加速する理由

1

【今回のまとめ】
1.先進国の経済は加速、新興国は冴えない展開が続く
2.日本の消費税増税先送りは足下の景気にはプラス
3.ガソリン価格の下落で米国の消費者はウハウハ
4.ユーロ安でドイツ経済は息を吹き返す
5.中国における不動産バブル抑制策が新興国全体を不景気にしている
6.ブラジルで起きていることは80年代の南米債務危機とソックリ

先進国の経済は加速、新興国はダメ

 私は、日本、アメリカ、欧州の先進国の経済成長は、ここから加速すると考えています。その一方で、新興国の経済成長は引き続き冴えない展開が続くと予想しています。

 日本株、米国株、欧州株は、強気のスタンスで良いと思っています。新興国の株式は、処分すべきだと思っています(ただし先週紹介したアリババは例外です)。

日本の増税見送りはプラス

 日本では消費税の増税見送りが話題になっています。財政政策面で、この判断が深慮に欠けるかどうかの議論はさておき、足下の景気に対する影響という意味では、増税見送りはプラスだと思います。

消費の好調=アメリカ経済の好調

 アメリカ経済は、いまスイートスポットに入っています。失業率の大幅な改善は消費者のマインドにプラスに働きますし、折から全米平均レギュラー・ガソリン価格は$2.89まで下がってきています。

 アメリカでは大半の人がクルマ通勤なので、ガソリン代は日本の感覚で言えば電車代と同じです。従ってそれが安くなると消費者のポケットに浮いたお金が入るわけです。1¢レギュラー・ガソリン価格が下落すると消費が10億ドル増えると言われるのはこのためです。

 そのような理由から、今年のクリスマス商戦は、近年ではベストになると予想されています。

 いま消費はアメリカ経済の70%を占めているため、消費の好調は、とりもなおさずアメリカ経済そのものの好調を意味します。

欧州はユーロ/ドルの急落で経営者のマインドが好転

 さて、問題は欧州です。欧州大陸の経済は、ウクライナでの戦争の影響を受けて、すっかり勢いを失ってしまいました。

 なかでもこれまで「欧州経済の機関車」の役目をはたしてきたドイツの減速は大きな誤算でした。

 ドイツには機械工具などを作る中小企業がたくさんあります。それらの企業にとってロシアは最も重要なお客さんです。

 オランダのスキポール空港を飛び立ったマレーシア航空のMH17便が7月半ばに撃墜され、それを契機として欧州連合がロシアに対する経済制裁の強化を決めたことは、したがってドイツ経済を直撃しました。

 ウクライナでは停戦後、睨み合いが続いています。ただ、新しい交戦が始まる気配はありません。

 ロシア経済は天然ガスの輸出に大きく依存しており、西欧は上得意のお客さんです。これから冬場の需要期に入り、ロシアは取り崩してしまった外貨準備を修復する必要があります。その観点からもいまは穏便に事を運んだ方が良いのです。

 このところのユーロ/ドルの急落で、欧州の輸出業者はずいぶん楽になっています。

 そのことから考えて、経営者のマインドはこれから回復に向かうと思われます。

【2018年6月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10倍株厳選40!
株主総会ガイ ド
最新決算速報

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

写真も満載!株主総会ガイド2018年6月版付き

10倍株の儲け方【1】
・今まさに伸び盛り! 若手急成長株
HEROZはまだ買いか売りか! ?
・直近2年のIPO株総チェック!

10倍株の儲け方【2】
身近にあるのに不人気優良成長株
脚光を浴びる直前! 潜伏優良株
株価が上下する理由っていったい何?
・ファンドマネジャーの「10倍株の見つけ方

速報! 最新決算でわかった本命株
・控えめな今期予想は上方修正必至! 
最強の最高益株上方修正が狙える株
・12月期の好発進株4期以上の連続増配

Facebookショック後米国5大IT株 
・オススメ米国株6+人気株15の売買診断も! 

ひふみ さわかみ 鎌倉など
カリスマ的人気を誇る独立系投信10社をズバ斬り! 

<別冊付録>株主総会ガイド2018年6月版
・全239社の総会みやげリスト付き
・マニア5人が語る!総会見どころ聞きどころ! 
・総会ではココをツッコめ!注目9社への質問状
 


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング