世界投資へのパスポート
【第347回】 2014年12月29日公開(2014年12月29日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

2015年の日米株式市場を大予想!
アメリカ経済が突出して好調、
ドル高となり日本株にもプラスとなる!

1

【今回のまとめ】
1.アメリカ経済は2015年も先進国の中で突出して良い
2.それはドル高を意味する
3.ドル高、円安は日本株にも良い環境
4.新興国通貨は売られやすい

2015年の株価目標

 今回は今年最後の「世界投資へのパスポート」となりますので、来年の予想を書きます。まずそれぞれの指数や為替のターゲットは、次のように考えています。

 2015年はナスダック総合指数がS&P500指数より良いパフォーマンスを示すと考えています。また2014年に今一つ冴えなかった小型株も良いと思います。

 私がそう考える理由は、こんにちの米国株式市場の置かれている環境が、ドットコム・ブームの最盛期だった1990年代後半と似ているからです。

 こんにちの米国株式市場の置かれている環境は、1990年後半のドットコム・ブーム最盛期に酷似している

 

高付加価値分野で米国がリード

 ドットコム・ブームの最盛期、先進各国の中では、アメリカ経済だけが突出して良かったです。これは現在の状況と同じです。アメリカ経済の好調は、iPhoneやFacebookに代表される、テクノロジー分野での圧倒的優位に因る部分が大きいです。

 ハイテクと聞くとソフトウェアやインターネットを真っ先にイメージしますが、それだけにとどまらず、テスラ・モーターズ(ティッカーシンボル:TSLA)のような新しい分野でもイノベーションが起こっています。

 さらに医療・創薬の分野に目を向けるとアメリカのバイオテクノロジー企業の研究開発(R&D)は極めて生産性が高く、ここでも米国企業の独壇場と化しています。

あらゆる高付加価値分野でアメリカのリードが顕著である

 

シェール革命は最先端技術に駆動されている

 これに輪をかけるようにアメリカではシェール革命が起きています。シェール開発は膨大な地質データの解析、破砕法(はさいほう)、水平掘りなど、最先端技術を使いこなすことで初めて可能になる、難易度の高い生産手法です。

 シェールガス田は中国などの諸外国にも存在しますが、今のところアメリカだけがこのビジネスを採算ベースに乗せることに成功しているのはこの技術力の差に因ります。

エネルギー価格の下落

 シェール革命で原油が増産された結果、原油価格が急落しています。そのことはロシア、ベネズエラ、サウジアラビア、イランなど、資源への依存度の高い国々の財政を圧迫しています。それは資源国通貨への懸念を引き起こしています。

資源国通貨は深刻な問題を抱えている

 

米国の政策金利が上昇するときは、新興国が荒れる

 米国の連邦準備制度理事会は2015年の春から夏にかけてフェデラルファンズ・レートを利上げしはじめると思います。

 通常、米国が単独で利上げする場合、為替差損を嫌う米国の機関投資家は、海外株や外債への投資を減らし、投資資金を米国に引き揚げます。このためドルは買われやすく、逆に新興国通貨は売られやすくなるのです。実際、ドットコム・ブームの際にも同様の理由からルーブル危機が襲いました。

ドルは買われやすく、新興国通貨は売られやすい

 

 ドルが強いということは円安になりやすいわけですから、円安を好感する傾向のある日本株も引き続き好調と考えて良いでしょう。

 つまり2015年のオーバーウエイト、アンダーウエイトすべき投資対象を整理すると、次のようになります。

【2017年6月5日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


株で1億円作る&人気株500激辛診断
・10倍株で目指せ! 株で1億円!
勝ち組投資家の成功株の法則&心得
プロ100人日本株&為替を大予測
ひふみなど好成績投資信託が今買い進める株
地方優良株など地味で高成長株の選び方
2~3倍上昇を狙う桐谷さんの株のワザ
買い&売りをズバリ!人気株500激辛診断
・割安か割高か! 上場全銘柄の理論株価
初心者は必見!投資信託積み立てガイド
FXで稼ぎ続けるトレードの掟
・トクする最強「外食費」節約ワザ
増配など最新決算5大ランキング
不動産投資で長期の安心を手に入れよう

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!