世界投資へのパスポート
【第355回】 2015年2月22日公開(2017年11月29日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

ナスダック総合指数が大台、5000に迫る!
アップル、フェイスブック、ツイッター株を買え

【今回のまとめ】
1.ナスダック総合指数だけが過去最高値に未だ到達していない
2.しかし5,000の大台と過去最高値にあと一歩で手が届くところまで来た
3.普通、「切の良い数字」は鬼門である
4.今回はマクロ経済の過熱も無ければ政策金利面でも問題なし
5.株価収益率で見ると、バブルからは程遠い
6.アップル、フェイスブック、ツイッターで攻めること

過去最高値に肉薄するナスダック総合指数

 米国株の主要株価指数にはS&P500指数やダウ工業株価平均指数があります。それらのポピュラーな株価指数のうち、未だ過去最高値を更新できていない唯一の株価指数がナスダック総合指数です。

 ナスダック総合指数だけが新値をつけていない理由は、1990年代後半から2000年にかけて起きたドットコム・ブームが、余りにも巨大なバブルを形成したからです。ナスダック総合指数のピークは2000年3月10日で、その日のザラバ高値は5132.52、大引けベースでは5048.62でした。

 先週金曜日、ナスダック総合指数は4955.97で引けており、この過去最高値にあと3.56%のところまで肉薄しています。

 この調子で行くと、ナスダック総合指数が5000の大台に乗せるのは時間の問題だと思います。そうなった場合、「ナスダックは、バブルではないか?」という議論が蒸し返されると考えられます。

切の良い数字と株式市場

 昔から米国の投資家の間では「切の良い数字、ないし大台には気をつけろ!」ということが言われてきました。5000というのは大きな節目だし、前回のドットコム・バブルのときは、ここが天井となり、15年目の現在まで、この高値を超えられずに来ていることからも、投資家は今回の節目を意識してしまうと思います。

 それを断った上で、当時と現在では、状況が異なることを指摘したいと思います。

 まず当時のフェデラルファンズ・レートは今よりずっと高い5.85%でした。

 しかも2000年の夏にかけてこの政策金利は6.5%にまで引き上げられるのです。つまり当時の連邦準備制度理事会(FRB)は景気の過熱を抑えるのに躍起でした。

 翻って現在のフェデラルファンズ・レートを見ると0~0.25%のレンジにへばりついたままで中央銀行が緩和的スタンスを取っていることがわかります。

 当時のGDP成長率は下のグラフのようでした。高水準の成長が、定着していたことがわかります。

 これに比べて最近の米国のGDP成長は、もっと低い水準が続いています。

 さらに2000年頃の消費者物価は3%を超えていたのに対し、現在はずっと低いです。

 さらに株価収益率(PER)では、当時ナスダック総合指数は100倍を超えていたのに対し、今は僅か21倍です。

 これらのことから、ナスダック総合指数5,000の大台が達成されても、投資家が急に委縮してしまう必要は全然無いことがわかると思います。

それでは何を買う?

 それでは一体、どの銘柄を買うことでこのナスダック相場に乗れば良いのでしょうか?

私の考えではファンダメンタルズが強固で、なおかつ株価に勢いがあるアップル(ティッカーシンボル:AAPL)あたりから攻めるのが順当だと思います。

 さらに先頃発表された第4四半期決算で予想以上に良い内容を印象付けたツイッター(ティッカーシンボル:TWTR)も妙味です。

 これらに比べて若干モタモタしている観があるけれど、ようやく先週から動意付いている銘柄としてフェイスブック(ティッカーシンボル:FB)も忘れることは出来ません。
 

【2017年12月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP