世界投資へのパスポート
【第365回】 2015年5月11日公開(2015年5月12日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

2015年、「セル・イン・メイ(Sell in May)」が
効かない可能性が高い理由とは?
そして、好決算発表の注目銘柄も紹介!

1

【今回のまとめ】
1.セル・イン・メイは確かに存在する
2.だが大統領任期三年目は当てはまらない
3.足下の米国経済は弱く、利上げは早くても9月
4.それなら今は利上げを心配せず株を買うことが出来る
5.サイバーアークはサイバー・セキュリティー関連で最も元気のいい銘柄

大統領任期3年目は「セル・イン・メイ」ではない!? 

 投資理論では説明できないけれど、経験則的に起こりやすいマーケットのクセのことをアノマリーと言います。

 そのようなアノマリーのひとつに、5月から9月までの期間は、アメリカの株式市場がもたつくという経験則があります。下はS&P500指数の月次パフォーマンスのグラフです。

 

 5月から9月にかけては、リターンが低いことがわかります。

 このようなマーケットの習性を言い表す米国の相場の格言に「セル・イン・メイ(Sell in May)」があります。つまり「5月に株を売って、バカンスに行け!」というわけです。

 私は基本、相場に効く方法なら、ファンダメンタルズ分析だろうが、チャート分析だろうが、今日、ここで論じているアノマリーだろうが、ガマの油だろうが、およそ利用できるものは何でも利用する主義です。なぜなら、相場というものは安易には儲けさせてくれないので、そこまでなりふり構わず実行して、やっとこさ利益が出る……そういうものだと思うからです。

 だから「セル・イン・メイ」も重視します。

 しかし、今年は大統領任期の三年目にあたり、1930年以降、これまでに通算21回あった大統領任期三年目の相場では、下のチャートのような動き方をすることが知られています。

 このチャートを見ると、たしかに5月には軽い調整が見られるものの、そこが相場の天井ではなく、7月ないしは9月あたりに天井を打っていることが読み取れるのです。

 言い換えれば、大統領任期三年目は「セル・イン・メイ」が7月、ないしは9月までずれ込むということです。

 実際、過去の大統領任期三年目のS&P500指数の動きを辿ると5月に売って正解だったのは21回のうち下の5回だけでした。

 このことから2015年の投資戦略として、「今年は5月が来ても売らず、粘れるだけ粘った方が良い」というのが私の考えなのです。

その戦略にファンダメンタルズ面での裏付けはあるのか?

 さて、過去の実績として大統領任期三年目には「セル・イン・メイ」が働かないことはこれでわかったと思いますが、それでは現在の景気やマーケットの状況に照らして、今年の場合、本当に粘って大丈夫なのか? ということを考えてみます。

 まず連邦準備制度理事会(FRB)の金利政策ですが、アメリカの政策金利であるフェデラルファンズ・レートの利上げは、早くても9月だと思います。

 そう考える理由は、足下の米国の景気が、慌てて利上げする必要があるほど強くないからです。第1四半期のGDPは、わずか+0.2%でした。

 

 これはカリフォルニアの港湾労働者の長期ストライキで輸入ならびに輸出業務がストップしてしまったことなどが影響しています。下は輸出のチャートです。

 

 季節に合った商品が店先に並ばなかったため、小売店の売上は打撃を受けました。



 4月の既存店売上比較は2009年以来、はじめてマイナスを記録しました。

 既にカリフォルニアの港湾労働者のストライキは解決しているので、このような一時的な景気の落ち込みは、ほどなく回復すると考えるのが順当です。

 ただFRBは米国の景気が本当に力強くリバウンドするのを確かめるまでは下手に動き出さない方が得策だと考えているに違いありません。9月まで利上げは無いと私が考えるのはそのためです。

 このことは、株式市場との絡みでは「鬼の居ぬ間に、いのちの洗濯」をすることが出来ることを意味し、今から少なくとも7月くらいまでは、比較的取り組み易い相場になることが予想されます。

【2017年5月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!