投資信託おすすめ比較[2018]
【第2回】 2015年5月27日公開(2017年10月27日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

日経平均株価2万円達成の裏で
日本株へ投資する投資信託に発生している異変とは?

2015年4月に日経平均株価が15年振りに2万円台を回復した裏側で日本株に投資をする投資信託にいままでにない資金の動きが見られています。今回は資金の流出と流入にスポットを当てて、日本株型の投資信託のトレンドを解説します。

 日経平均株価は2015年4月に15年振りに2万円台を回復し、5月も堅調に推移しています。しかし、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)、日本銀行など公的部門の株式の買い余力が多額なうえ、企業業績は今期も2桁以上の増益が見込まれていることから、2万円は通過点という見方が大勢を占めています。

 ETF(上場投資信託)の1日平均当たりの売買代金は、3月、4月と2カ月連続して2000億円を超え、日本株を投資対象とする投資信託も、当初設定額が1000億円を超える投資資金を集めるなど、日本株式を取り巻く視界は良好(活況)と言えるでしょう。

 どこまで株価が上昇するかは神のみぞ知るところですが、個人投資家は逆張り投資に徹し、したたかに動いているようです。なぜなら、東京証券取引所が公表している「投資部門別売買代金差額」の投資信託を見ると、2015年2月から3カ月連続して1100億円超の売り越しとなっているからです。

 ただし、4月だけは2月、3月と様子が異なっています。日経平均株価に連動するインデックスファンドから投資資金が流出している反面、新規設定されたアクティブ運用型の日本株ファンドに多額の投資資金が流入しているという一風変わった状況になっているのです。

日経平均連動のETFだけから資金が流出。
TOPIX連動のETFがない理由とは?

 2015年4月に多額の投資資金が流出したインデックスファンドとアクティブ型は以下の通りですが、インデックスファンドに関してはすべて日経平均株価連動タイプとなっているのが特徴です。

◆資金流出が目立った日本株へ投資する投資信託(インデックスファンド)
  ファンド名 (運用会社) 資金流出額 詳細情報
1位 日経225ノーロードオープン
(DIAMアセットマネジメント)
233億円
2位 インデックスファンド225
(日興アセットマネジメント)
110億円
3位 MHAM株式インデックスファンド225
(みずほ投信投資顧問)
72億円
 ※2015年4月1日~30日の1カ月間の流出額

 

◆資金流出が目立った日本株へ投資する投資信託(アクティブ運用型)
  ファンド名 (運用会社) 資金流出額 詳細情報
1位 日興UBS日本株式リスクコントロールファンド
(UBSグローバル・アセットマネジメント)
112億円  
2位 フィデリティ・日本成長株・ファンド
(フィデリティ投信)
99億円
3位 JPMザ・ジャパン
(JPモルガン・アセット・マネジメント)
66億円
 ※2015年4月1日~30日の1カ月間の流出額

 

  TOPIX(東証株価指数)連動タイプからまとまった投資資金が流出していないのは、同指数が第1次安倍政権時の高値1823ポイント(2007年2月)を抜いていないためと考えられます。

 また、個人投資家は逆張り投資に徹して強かに動いていると述べましたが、直近の資金流出額が最も多いDIAMアセットマネジメント「日経225ノーロードオープン」に多額の投資資金が流入したのは2014年10月(320億円)で、日経平均株価が同年9月下旬の高値(1万6173.52円)から10月中旬(17日:1万4532.51円)まで11%強調整した局面です。

資金流入の目立った日本株型投資信託の特徴とは?

 一方、多額の投資資金が流入した日本株ファンドは、野村アセットマネジメント「日本企業価値向上ファンド(限定追加型)」2160億円。新光投信「シラー・ケープ日本株式戦略ファンド(リスクコントロール付)」758億円。ニッセイアセットマネジメント「JPX日経400アクティブ・プレミアム・オープン(毎月決算型)」217億円です。以下、簡単に各ファンドを紹介しましょう。 

資金流入が目立った日本株へ投資する主な投資信託
  ファンド名/運用会社 資金流入額
1位 日本企業価値向上ファンド (限定追加型)
野村アセットマネジメント
2160億円
企業価値向上の余地が大きいと思われる銘柄群から、株主価値に対する経営姿勢についての評価などを中心としたボトムアップアプローチに基づいて銘柄選定を実施。基準価額が15000円(1万口あたり)以上になると、短期有価証券などの安定資産による運用に切り替えて繰上償還が行われます。限定追加型とあるように、追加購入できるのは2016年3月23日(基準価額が15000円未満に限る)までとなっています。同ファンドは、当初1057億円もの投資資金を集め運用がスタート(4月3日)したものの、その後も多額の投資資金が流入したため、4月16日から販売停止となっています。
2位 シラー・ケープ日本株式戦略ファンド(リスク・コントロール付)
/新光投信
758億円
630億円の投資資金を集め、4月7日から運用をスタート。同ファンドは、米国のロバート・シラー教授の理論を基に開発された手法を用いて長期的な企業収益に対して相対的に株価が割安で上昇期待が高いと判断される業種に属する株式に投資されます。リスク・コントロール戦略では、移動平均線を使った株価トレンド、日経平均ボラティリティー・インデックスを用いた予想変動率を利用して、一定の条件を満たした場合には、株価先物取引を活用することで実質的な株式組入比率を概ね0%に引き下げる戦略です。
3位 JPX日経400アクティブ・プレミアム・オープン (毎月決算型)
ニッセイアセットマネジメント
217億円
JPX400日経インデックス構成銘柄および同指数に採用が見込まれる銘柄の中から、株価上昇が期待できる銘柄に厳選して投資されます。さらに、カバードコール戦略を行うことで、オプションプレミアムの獲得を目指しています。純然たる日本株ファンドとは言い難く、また毎月決算型であることから、資産形成には向きにくい投資信託と言えるでしょう。

 

インデックスファンドも選択基準が変わりつつある

 2015年4月という1カ月間だけの投資資金の動きなので、これだけで日本株ファンドの選択基準が変わったとは必ずしも言い切れませんが、アベノミクス初期の上昇局面で名を馳せた「JPMザ・ジャパン」、日本株ファンドの純資産総額最大の「フィデリティ・日本成長株・ファンド」(2カ月連続)からも投資資金が流出していることから、マーケットのトレンドに合わない日本株ファンドから投資家の離反(見切り)が始まっているのかもしれません。

 日興UBS日本株式リスクコントロールファンドは、2013年12月20日に設定された運用履歴1年4カ月のファンドですが、2014年の12月から投資資金の流出ランキングの上位に5カ月連続して名を連ねています。インデックスファンドも「JPX日経400インデックス」の登場により、やはり選択の基準が変わりつつあるように感じられます。

 同時に、日経平均株価連動のインデックスファンドを投資資金の流出入から判断すれば、資産形成よりも株価の動きに合わせた個別株と同様のスイング投資に使われているようにも見えます。日経平均株価が15年振りの高値まで上昇している現在、日本株ファンドに対する個人投資家の接し方が変化するのか継続して見ていきたいところです。 

【ピックアップ!】
【2018年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?
【2018年最新版】「ロボアドバイザー」の機能や利用料、特徴を比較! 証券会社のサービスから独立系業者まで紹介
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!

【2018年5月5日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2582本 1251本 2477本 100円
【特徴・メリット】
投資信託本数の取扱本数はネット証券でトップ、積立設定金額は2018年2月に100億円を突破した。インターネットコースでは、投信積立の買付手数料が全額キャッシュバック! また、投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まる「投信マイレージサービス」もメリット。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になるので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。買付&積立が100円以上1円単位に引き下げられ、初心者でも気軽に始めやすくなった。また、銘柄検索ツール「パワーサーチ」やファンド選びをサポートするツール「SBI‐ファンドロボ」などの機能も充実。最近では、低コストな個人型確定拠出年金にも力を入れており、無条件で運営管理手数料を無料にしている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
2576 1270 2546 100円
【特徴・メリット】
投資信託の保有残高10万円ごとに「楽天スーパーポイント」が4ポイント貯まる。積立なら、保有残高が増えるほど多くのポイントがもらえる。ポイントは投信の買付代金にも利用できる。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」や、最大5銘柄の基準価額の推移を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。2016年7月からは、ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる新サービス「楽ラップ」を開始。また、スマホ専用のロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」もある。個人型確定拠出年金は運営管理手数料が0円。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング!SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
1111本 673本 1022本 100円
【特徴・メリット】
積立購入では「ゼロ投信つみたて」プログラムにより、買付手数料が全額キャッシュバックされ、実質ノーロードに! ファンド探しは、「ファンド検索」に加え、3つの質問に答えるだけ探す方法もある。ファンド選びに迷ったらマネックス証券おすすめ「セレクトファンド」あり。ポートフォリオの分析・リターン予測・アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION β」が便利だ。ロボアドバイザーサービスは、1000円から始められる投資一任型の「MSV LIFE」と、5万円から始めて国内ETFのみで運用を行う低コストなアドバイス型「Monex Advisor」がある。投資信託購入時の申込手数料の1.5%分がマネックスポイント(1ポイント=5円相当)でプレゼントされる。また、月中平均残高の0.08%分の1/12が月ごとにポイントでプレゼントされる。航空会社のマイルやSuica、ショッピングなどのポイントと交換可能。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。「定期自動入金サービス」は、手数料無料で銀行から資金移動ができ、投信積立などに便利。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
4位 ◆SMBC日興証券⇒詳細情報ページへ
1033本 465本 652本 1000円
【特徴・メリット】
上記の投資信託本数はネット取引「ダイレクトコース」の取扱商品。2017年10月からネット取引で366本の投信手数料を引き下げ。ノーロード投信も300本→約400本に拡大した。「投信つみたてプラン」では、買付最低金額が1000円から。初回引落特典としてNTTドコモのdポイント500pt、また、引き落とし毎に3ptがもらえる。投資信託選びやポートフォリオの管理ができる「fund eye」が新登場。三井住友銀行と連携する「バンク&トレード」利用で毎月10万円まで申込手数料が無料に。投資信託選びは通常の「ファンド検索」と、質問に答えてファンドを探す「投資信託ナビゲーション」がサポート。分配金額を含めた損益を把握するには「投資信託等に係るトータルリターン通知制度」が便利だ。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SMBC日興証券の公式サイトはこちら
5位 ◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
1011本 585本 958本 500円
【特徴・メリット】
手数料無料のノーロード投信が多いのもメリット。信託報酬控除前のトータルリターンが見られるので、実態に合った取引コストや運用パフォーマンスがわかるのも魅力だ。「プレミアム積立」は500円から可能。ロボットによる投資信託のポートフォリオシミュレーションサービスアプリ「FUND ME™」(Androidアプリ、iPhoneアプリ)リリース。積立の銘柄選びに役立つ「セレクション」は、ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。月間保有金額100万円で1ポイントがもらえる「毎月ポイント」は、100ポイントで1万円の現金プレゼント。保有額が3000万円以上ならポイントが2倍になる。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
6位 ◆野村證券⇒詳細情報ページへ
825本 44本 574本 1000円
【特徴・メリット】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! お気に入りファンドを10銘柄×5グループに分類して登録し、まとめて値動きなどをチェックできる。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが豊富で、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。投資信託業界の潮流や変化、最近の投資戦略、トレンドといった最新情報が満載の投資信託情報誌「Nomura Fund21」も隔月で発行している。インターネット取引用の口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・野村證券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10倍株厳選40!
株主総会ガイ ド
最新決算速報

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

写真も満載!株主総会ガイド2018年6月版付き

10倍株の儲け方【1】
・今まさに伸び盛り! 若手急成長株
HEROZはまだ買いか売りか! ?
・直近2年のIPO株総チェック!

10倍株の儲け方【2】
身近にあるのに不人気優良成長株
脚光を浴びる直前! 潜伏優良株
株価が上下する理由っていったい何?
・ファンドマネジャーの「10倍株の見つけ方

速報! 最新決算でわかった本命株
・控えめな今期予想は上方修正必至! 
最強の最高益株上方修正が狙える株
・12月期の好発進株4期以上の連続増配

Facebookショック後米国5大IT株 
・オススメ米国株6+人気株15の売買診断も! 

ひふみ さわかみ 鎌倉など
カリスマ的人気を誇る独立系投信10社をズバ斬り! 

<別冊付録>株主総会ガイド2018年6月版
・全239社の総会みやげリスト付き
・マニア5人が語る!総会見どころ聞きどころ! 
・総会ではココをツッコめ!注目9社への質問状
 

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング
ZAiオンラインPickUP