世界投資へのパスポート
【第368回】 2015年5月31日公開(2015年6月8日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

いま米国の成長分野でM&Aが盛んに!
その3つの理由と株式市場への影響とは?

【今回のまとめ】
1.高水準のM&Aが続いている
2.ヘルスケア、通信、テクノロジーのM&Aが多い
3.経営者が景気の先行きに自信を持っているのが原因
4.金利が安いうちに買収資金を借りたいという意図も
5.目先相場にとってM&Aはプラス
6.ただし横着なディール、常軌を逸したディールには気をつけろ

今年は昨年を上回るペースでM&Aが進む

 米国では去年の下半期以来、ずっと高水準のM&A(企業の合併買収)が続いています。年初から5月末までの間に発表されたM&Aの総額は7885億ドルです。これは既に去年の第1四半期と第2四半期の合計6660億ドルを上回っています。

 5月に発表されたディールだけを見ても、ケーブルTV会社チャーター・コミュニケーションズによるタイムワーナー・ケーブルの買収(796億ドル)、半導体会社アバゴ・テクノロジーズによるブロードコム買収(366億ドル)、コングロマリットのダナハーによるポール・コーポレーションの買収(141億ドル)など大型案件が目白押しです。

 さらに医療保険のヒューマナは身売りを検討するためゴールドマンサックスをアドバイザーに起用したと発表しました。

成長分野でM&Aが盛んに起こっている

 今年のM&Aのトレンドを見ると、ヘルスケア、通信、テクノロジーなど、成長のあるセクターでのM&Aが盛んです。

 好業績で自社の株価が高くなっている企業が、その勢いでM&Aを仕掛けるというパターンが多いです。

 言うまでもなくM&Aは株式市場全体を刺激し、株高を演出する効果を持ちます。米国の第1四半期のGDPがマイナス成長になったという悪いニュースにもかかわらず株価が下げ渋っているひとつの理由が、活況を呈しているM&Aにあることは間違いありません。

いま米国でM&Aが盛んになっている3つ理由

 それではなぜM&Aが盛んになっているのでしょうか?

 ひとつの理由は2008年のリーマンショックから7年を経過し、経営者が経済の先行きに自信を持ち始めていることによります。

 次に今年のある時点で米国連邦準備制度理事会(FRB)がいよいよアメリカの政策金利であるフェデラルファンズ・レートを引き上げ始めると予想されることも関係しています。つまり(借金をしてM&Aをするなら、金利コストが安い今のうちに!)という心理が働いているのです。

 最後の理由は、株式交換で買収する場合、自分の会社の株価が高い水準で取引されていると買収条件が有利になります。

 これらが経営者をしてM&Aに走らせている理由です。

過去のM&Aブームから見る注意点とは?

 さて、M&Aブームは我々投資家の投資先企業が高値で買収される可能性を高めるという意味で歓迎すべき事です。目先は一層の株高を助長する働きがあると考えて良いでしょう。

 ただM&Aブームが行き過ぎた場合、買収企業が無理な資金調達を試みて、それが破たんしたとき合併がご破算になるとか、そういう突発的な事でムードが変わるリスクもあります。

 実際、過去にM&Aブームが頂点をつけた年は2000年と2007年でした。2000年はドットコム・バブルが弾けた年であり、2007年はサブプライム・ブームが崩壊しはじめた年です。

 つまりこれから相場は佳境を迎えると思われますが、そうなったとき、横着で常軌を逸したディールが散見されはじめたら、兜の緒を締める必要があるわけです。
 

【2017年7月3日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!