世界投資へのパスポート
【第371回】 2015年6月22日公開(2015年6月28日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

米国市場はサマー・ラリーへ突入!
銘柄は(先週上場した)フィットビットを狙え!

【今回のまとめ】
1.連邦公開市場委員会を好感し、米国株は上昇
2.いつもの半分くらいの、ゆっくりとした利上げ
3.米国株はサマー・ラリーへ
4.円高局面が来るので、日本株はお休みに
5.8月以降、相場が荒れるので、その前に一回転取っておく
6.先週IPOしたフィットビットに妙味

連邦公開市場委員会を好感し、米国株式市場は続伸

 米国株式市場が堅調です。先週、ダウ工業株価平均指数は+0.63%、S&P500指数は+0.73%、ナスダック総合指数は+1.27%上昇しました。

 先週、アメリカのマーケットが高かった理由は、水曜日の連邦公開市場委員会(FOMC)を市場参加者が好感したからです。

 連邦準備制度理事会(FRB)は、いつもの半分くらいの、ゆっくりしたペースで利上げするとシグナルしました。

 初回の利上げは、これまでの予想通り9月が濃厚ですが、その後、FOMCが開催される毎に利上げするのではなく、一回利上げしては休み、休んではまた利上げするという、のんびりしたペースになりそうです。

株式市場参加者は「利上げでも景気は低成長」との解釈

 アメリカ株の投資家は(これなら利上げが景気を脱線させるリスクは少なそうだ)と解釈しました。

 実際、先週のセクター別パフォーマンスを見ると、ヘルスケア、公共株、消費財、サービスなどの株が高く、逆にコングロマリット、素材、金融、工業株などが伸び悩みました。このことからも市場参加者は急激な景気の加速ではなく、これまで同様の低成長が続くと判断していることがわかります。

FX市場参加者の解釈は?

 一方、為替市場ではドルが売られました。FXのトレーダー達はFRBの利上げペースが普段の半分程度の傾きになることを余り想定していなかったに違いありません。

今後のドル安で米株は高くなるが、日本株にはマイナス

 ドル安になると米国企業の収益見通しは好転します。するとアメリカ株はこのままサマー・ラリーに突入する公算が大きいのです。

 一方、ドル安は日本株にとっては嫌な展開です。つまり日本株はしばらくお休みの展開になると予想されます。

 これまで通り、9月にいよいよアメリカの政策金利であるフェデラルファンズ・レートが引き上げられるとして、利上げの直前、直後はマーケットがギクシャクするのが常です。だから8月から10月にかけては世界的に取り組みにくい相場になると思います。

 まだそれまでには1か月以上の時間があるので、組み易い相場のうちにもう一回転取っておきたい……それが現在の私の考え方です。

先週上場したフィットビットの株価は堅調に推移

 さて、問題はどの銘柄でこのサマー・ラリーを取りに行くか? です。 私は先週の本欄で紹介したフィットネス・トラッカーのメーカー、フィットビット(ティッカーシンボル:FIT)に注目しています。

>>先週公開の記事はこちら『今年最もホットなIPO、ウェアラブル市場NO.1のフィットビットに注目!アップルウォッチをも凌ぐその優位性とは?』

 先週水曜日に新規株式公開(IPO)の値決めが20ドルで行われ、木曜日からニューヨーク証券取引所でトレードが開始されています。上場初日は30ドル前後を推移し、2日目の金曜日は結局32ドル50セントで引けました。つまり値決め価格から+62.5%ということになります。引け味はしっかりしており、上場後の値動きには安定感があります。

 私がこの銘柄を好きな理由は、利益がちゃんと出ている点にあります。去年の完全希釈後一株当たり利益(EPS)は72¢でした。すると去年の実績EPSに基づいて45倍の株価収益率で取引されているわけです。直近の四半期の売上高が前年同期比で+200%の成長を見ていることを考えれば、このPERは決して高くないと思います。

 なおフィットビットに対しては懐疑的な投資家も多いです。その理由としてApple Watchの登場で、フィットビットが駆逐される懸念が指摘されています。たしかにApple Watchはフィットビットより多機能です。しかしこの手のデバイスは「あれも、これも」こなせる事よりも、ひとつの目的をしっかりこなせることが大事なのです。

 その好例がSONYのウォークマンです。ウォークマンが最初に登場したとき、「テープレコーダーなのになぜスピーカーが付いていないのだ?」という批判の声がありました。だからフィットビットに多機能を望むこと自体、この商品の価値提案を理解していないのです。

【2017年9月6日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!