世界投資へのパスポート
【第376回】 2015年7月27日公開(2015年8月13日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

米国でもっとも人気のあるドローンの
心臓部分を提供するアンバレラ(AMBA)が
株式市場から注目される理由とは?

<今回のまとめ>
1.民間ドローン市場は年間売上高45億ドルで、年率+36%で成長している
2.消費者のホビーのほかに、農業や石油・天然ガス業界などで利用されている
3.いまアメリカで人気のモデルはDJIの『ファントム3』というモデルだ
4.上場株ではアンバレラがドローンの心臓部分を提供している
5.画像圧縮率の高さと消費電力の低さがアンバレラの強味である
6.将来はアナリティックスを付加することで差別化へ

民間のドローン市場の売上高は前年比+36%

 ドローンとは無人飛行システム(UAS)全般を指し、その中にはグライダーのようなカタチをした有翼のものもあれば、クワッドコプター(ヘリコプターのような、四つのプロペラを持つシステム)もあります。

 ドローン市場は大きく分けて軍事用と民間があります。今日は民間ドローン市場に関して解説します。

 民間ドローン市場の規模については、いろいろな試算があり、意見の一致を見ていません。一例として市場調査会社フロスト&サリバンは2015年の商業ドローンならびに消費者向けドローンの売上高を45億ドルと試算しています。これは前年比+36%です。

 ドローンの使われ方ですが、一般の消費者はホビーでドローンを飛ばし、動画を撮ります。

 これに加えて商業ドローンは農業における作柄のチェックや、石油・天然ガス産業におけるパイプラインの保全監視作業などにも利用されています。

ドローン・ブームを株式市場でどうプレイするか?

 ドローン市場には各社からの参入が相次いでいます。現在、米国で最も人気のあるモデルはDJIという会社の『ファントム3』です。

 残念ながらDJIは非公開企業ですのでその株を買うことは出来ません。

 そこでDJIに部品を提供している会社の株を買うという投資方法があると思います。

HD画像圧縮システムのリーダー企業「アンバレラ」

アンバレラ(ティッカーシンボル:AMBA)はDJIにHD動画圧縮システムを提供しています。

 アンバレラはゴープロ(ティッカーシンボル:GPRO)のアクション・カメラの心臓部分を提供していることで有名です。現在もこの関係は続いています。

 それに加えて最近、アンバレラにとってドローン向けHD画像圧縮システムが重要性を増してきています。将来、アクション・カメラ向けよりドローン向けの市場の方が大きくなると予想しています。

 6月期はドローン向けに40万ユニットの出荷が見込まれており、これはアンバレラの営業利益の15%前後に相当します。

 アンバレラはアクション・カメラやドローンのほかにも監視カメラや車載カメラ向けのHD画像圧縮システムを提供しています。

 アンバレラがHD画像圧縮システムの市場でリーダー企業となっている理由は、まず同社のシステムの圧縮率が他社のそれよりも高いことによります。これは動画ファイルがそれだけ軽くなることを意味します。

 次に同社のシステムは他社のシステムの半分の消費電力です。ドローンのような、バッテリーの寿命が鍵になるアプリケーションでは、これは重要な差別化のポイントになります。

アンバレラのHPトップでは自社製品が映像とともに紹介されている。

さらに付加価値を高めるアンバレラ

 アンバレラは7月2日にイタリアのビズラブを買収すると発表しました。ビズラブはコンピュータ・ビジョン技術を開発しています。先端運転補助システム(ADAS)は、その応用分野のひとつです。

 ビズラブの技術は、ユーザーが動画を解析し、判断を下す際の、意思決定を支援するアナリティックス・ツールを開発する際に役に立ちます。

 アンバレラの会計年度は1月末〆です。従って下のグラフで2015年とあるのは2015年1月31日で〆られた過去1年間の業績を指します。下のグラフはアンバレラの直近3年間の業績ですが、順調に成長しています。

【略号の説明】DPS(一株当たり配当)、EPS(一株当たり利益)、CFPS(一株当たり営業キャッシュフロー)、SPS(一株当たり売上高)

  ドローン向けHD画像圧縮システムの市場が今後大きくなることが予想されると先に述べましたが、先端運転補助システム(ADAS)等も併せ持ったアンバレラは今後の株式市場で注目すべき重要な企業といえるでしょう。

【2017年10月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新理論株価で儲かる株
株主優待ベスト130
ふるさと納税ベスト86

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株主優待ベスト130&新理論株価で買う株】
桐谷さん&優待ブロガー&ザイ読者が厳選!
 初心者も安心!株主優待ベスト130
失敗しない優待株の投資のワザ
●「優待+配当」利回りベスト30
少額で買える優待株ベスト30
権利確定月別の優待株ベスト 130
新理論株価まだ買える株68
年末までに駆け込め!ふるさと納税86
 3大カニマップ&寄附額管理シート付き! 
iDeCoつみたてNISAもこれが大事!
 騙されるな!投資信託選び10の落とし穴
●高配当&高成長の米国株ベスト12
地方上場の10倍株&佐川急便の投資判断
別冊付録!つみたてNISA完全ガイド

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング