世界投資へのパスポート
【第383回】 2015年9月14日公開(2015年9月14日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

FOMC直前、米国利上げの有無を完全予想!
株を買うゴーサインはついに出るのか?

<今回のまとめ>
1.米国株は売り買いが拮抗している
2.木曜日のFOMCが重要
3.米国内の要因を見れば利上げ条件は整った
4.諸外国に目を転じると利上げしにくい状況にある
5.FRBは世界を混乱させるタイミングで利上げしたくない
6.今回のFOMCでの利上げの可能性は低い
7.利上げが無かった場合でも行動は慎重に

FOMCを控え売り買いが拮抗するNY市場

 米国の株式市場は8月中旬の急落の後、三角保合いを形成しています。

 このチャートを見ると、下値が着実に切り上がっています。これは「安いところがあれば、買いたい」という投資家が待ち構えていることを示唆しています。その反面、上値にはしつこい売り物が控えており、買い手と売り手が拮抗していることを感じさせます。

連邦公開市場委員会(FOMC)に注目

 この睨み合いの状況を打破するイベントが、今週木曜日に控えています。それは9月16・17日の二日間にわたって開催される連邦公開市場委員会(FOMC)です。今回のFOMCでは、リーマンショック以降、実に7年10か月ぶりに米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートが利上げされるかどうかに注目が集まっています。

 現行のフェデラルファンズ・レートは0~0.25%です。ゼロ金利に限りなく近づくと、政策金利をピンポイントで一定水準に固定することが技術的に困難になります。0~0.25%という風にある程度幅を持たせてあるのはそのためです。

 今回のFOMCではそれを0.50%へ引き上げるかどうか? が決められるわけです。

米国内の景気だけを見ればそろそろ利上げすべき時期だ

 米国の失業率は既に5.1%まで下がってきており、これは米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)が目指している理想の失業率に達しています。

 そろそろ利上げした方が良いとする意見は、この失業率に代表される、米国の経済指標の強さを根拠にしているわけです。

世界に目を転じると不確実性が満載

 ただ世界に目を転じると、不確実性に溢れています。

 まずここへきて中国経済が明らかに減速しています。下は中国の輸出と輸入のチャートですが、明らかに変調が見られます。

 景気を支援するため、中国人民銀行は中国人民元を切り下げました。下のチャートは上に行くほど人民元安になっていることを示しています。

 中国が自国の通貨を安く導くと、その他の国々の相対的な競争力が低下します。このため世界の新興国の通貨が連鎖的に安くなる現象が起こります。

 このように世界のマーケットはいま神経質になっているのです。そこで「わざわざこの時期を選んでFRBが利上げする必要があるのか?」という論調が強くなっています。

FRBは世界同時株安の主犯になりたくない

 普通、FRBは米国の経済だけに注目しており、諸外国の事情は、考慮しません。

 しかし例外としてそれに配慮することはあります。それは世界の投資家のセンチメントが極めて脆くなっており、ほんの少しのことでパニックを引き起こしかねない場合です。

 現在の投資家のセンチメントは、極端にリスクに敏感になっています。

 このような時に、わざわざ投資家の神経を逆なでするようなことは、FRBはしません。

 私が「今回のFOMCでの利上げの可能性は小さい」と考える理由はここにあります。

 ただ利上げが無かったから「もうこれで安心、米国株は買いだ!」という風にGOサインが出るか? といえば、それは微妙な気がします。

 いまはじっくり状況の見極めが必要なときであり、軽率な見切り発車は禁物です。

【2017年8月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!