世界投資へのパスポート
【第388回】 2015年10月19日公開(2015年10月19日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

マクドナルドの決算は10月22日(木)に発表!
10月スタート「オールデイ・ブレックファスト」の
2つの懸念について会社側説明に注目する理由とは?

<今回のまとめ>
1.米国株式市場は続伸
2.ウォルマートが利益警告した
3.今週はマクドナルドの決算発表に注目
4.「オールデイ・ブレックファスト」がどれだけ成功しているかがカギ

先週の米国株式市場は続伸した

 先週の米国株式市場は続伸となりました。ダウ工業株価平均指数は+0.78%、S&P500指数は+0.9%、ナスダック総合指数は+1.15%でした。

ウォルマートが過去2カ月で2回目の利益警告
原因の大半は「最低賃金の引き上げ」と説明

 水曜日に世界最大の小売業者であるウォルマート(ティッカーシンボル:WMT)が過去2か月で2回目となる利益警告をしました。このためウォルマートは週間ベースで-11.7%下落しました。それにもかかわらず米国の株式市場がプラスで一週間を終えたのは、相場の地合いの強さを象徴していると思います。

 ウォルマートはアナリスト・ミーティングで「2017年度のEPSは-6%から-12%になる」とコメントしました。コンセンサス予想は+4.6%だったので、これは「寝耳に水」の発表でした。

 なおウォルマートは1月末が会計年度末なので2017年度は来年2月からスタートします。

 同社は今回のEPSガイダンス下方修正の原因の大半は最低賃金の引上げにあるとしています。

 ウォルマートは今年4月に最低賃金を9ドルに引上げ、さらに2016年2月からはそれを10ドルに引き上げる予定です。

 ウォルマートが賃上げをする理由は売り子の定着率が低いことによります。それは売り場のサービスの低下を招き、ウォルマートの店舗は商品が整頓されておらず、雑然とした印象を与え始めています。そういう批判に応えるため、同社は賃上げにより従業員の士気を高める方針を打ち出したのです。

10月22日に発表のマクドナルドの決算
コンセンサス超えなるかに注目

 さて今週ですが10月22日(木)寄り前に発表されるマクドナルド(ティッカーシンボル:MCD)の決算に注目が集まっています。

 コンセンサス予想はEPSが$1.28、売上高が64.1億ドルです。

 マクドナルドはこのところイメージの問題を抱えており業績も長く足踏みしてきました。しかし7月23日に発表された第2四半期決算ではEPS予想$1.23に対し$1.26、売上高予想64.5億ドルに対し65億ドルと、久しぶりに予想を上回る決算を発表できました。

 第2四半期の既存店売上比較は-0.7%と引き続き苦しかったですが、会社側は「第3四半期の既存店売上比較はプラスになる」とコメントしました。ちなみに第3四半期既存店売上比較のコンセンサスは+2.2%となっています。従って、今回の決算発表でこのコンセンサスを超えられるかに注目したいと思います。

朝食メニューを一日中提供する
「オールデイ・ブレックファスト」

 マクドナルドは10月6日から「オールデイ・ブレックファスト」という試みを始めています。これはエッグマフィンなどのブレックファストのメニューを終日注文できるというものです。この発表はマクドナルドの朝食のファンを歓喜させています。

 同社に必要だったのは基本に立ち返り、強い商品で勝負するということなので、その意味では消費者から根強い支持を受けているブレックファスト・メニューを終日展開するというのは正しい戦略です。

 ただ問題点が無いわけではありません。まずエッグマフィンなどのブレックファストのアイテムは、昼メニューより単価が安いため、顧客の注文がブレックファスト・メニューばかりに集中すると平均販売単価が下がるリスクがあります。

 また提供しなければいけない商品が増えたことで、キッチンが混乱するなどの懸念もあります。

 こうした懸念を、今週の決算カンファレンス・コールで同社がどのように説明するかが注目されるところです。

 マクドナルドの株価は過去4年間に渡って103.6ドルを上限とするボックス圏に閉じ込められてきました。しかし今回、それを上にブレイクアウトし、新波動に入っています。

【2017年9月6日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で1億円を目指す銘柄!今買う10倍株】
今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
株で1億円を目指す10倍株ベスト67
・買い&売りをズバリ!人気株500診断
別冊付録!上場全銘柄の理論株価
・10年先を見通す10倍株
つみたてNISAのオトクな使い方

・買いの高配当株&優待株ベスト14
3万円以下で買える株ベスト9
・成長余力が大きい
有望IPO株
長期で値上がりを狙う厳選投資信託18本

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!