世界投資へのパスポート
【第391回】 2015年11月9日公開(2015年11月23日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

米国雇用統計の結果から12月の利上げはほぼ確定だが
利上げを怖れる必要は一切ない! こんな状況には、
「オールドエコノミー」セクターのあの銘柄を狙え!

今回のまとめ
1.10月の米国雇用統計は良かった
2.市場参加者は既に12月の利上げを織り込んだ
3.利上げは好景気を長持ちさせるために行われる
4.いつまでも実質ゼロ金利では、FRBの示しがつかない
5.今はオールド・エコノミーの株を買え!

10月の米国雇用統計は、全体的に良かった

 先週金曜日に発表された10月の米国雇用統計において、非農業部門雇用者数が予想を大幅に上回る+27万1000人でした。

 一方、失業率は5%で、これは今回の景気拡大サイクルでは最も低い数字でした。

 さらに平均時給も9セント上昇しました。(下のグラフ中、黄色の10月の箇所)

 つまり今回の雇用統計は、どの角度から見てもしっかりした内容だったのです。これを受けてフェデラルファンズ・レートの先物価から逆算される、12月16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが実施される確率は、69.8%に上昇しました。

なぜ市場参加者は「利上げは、待ったなし!」と考えているか

 現在は、原油安の要因もあり、インフレの兆候はありません。それなのに、なぜ利上げが必要なのでしょうか?

 1948年までさかのぼり、米国の失業率を見ると、平均して5.8%でした。 そして失業率が5%を切ると、賃上げへの圧力が強まる傾向が見られました。

 米国連邦準備制度理事会(FRB)は、賃金インフレを重視します。なぜなら、賃金は一度上がり始めるとずんずん上がり続ける傾向があるからです。もちろん、お給料が上がるのは良いことですが、昇給が人々のインフレ期待に働きかけ、ありとあらゆる物価が上がり始めるリスクが強まります。

 そのため、好景気を長持ちさせるためには、物価が一気にスパートしないよう、ある程度制御することが必要だと中央銀行家は考えるわけです。

失業率がノーマルな状況で、
政策金利が実質ゼロ金利では示しがつかない!

 ひるがえって、いまフェデラルファンズ・レートを見ると、2008年以降、実質ゼロ金利がずっと継続しており、第二次世界大戦後のアメリカの歴史の中で、このようなことはかつてありませんでした。

 すでに失業率がノーマルな状態である5%に達しているのに、政策金利がリーマンショック後の「非常事態」をいまだに引き摺った状態の0%では、金融市場に対してFRBの示しがつかないわけです。

相場が一度織り込んだ材料を、2度織り込む必要はない

 さて、米国の政策金利が利上げに転じる際は、相場はそれに敬意を表する形で、一度はギクシャクするのが常でした。

 しかし利上げ直前、ないしは利上げ直後に相場がギクシャクすることはあっても、2度下げる例はありませんでした。言い換えれば、相場は、一度織り込んだ材料を2度織り込む必要はないのです。

 今回の場合、「利上げが来るぞ!」という恐怖から、8月に世界同時株安が襲いました。いま世界のマーケットは、その下げから這い上がろうとしている局面です。つまり、利上げという材料はすでにマーケットに織り込まれているわけだから、12月に利上げが実行されたところで、それを恐れる必要はないのです。

 実際、これまで利上げ開始が強気相場の息の根を止めるケースは皆無でした。利上げというものは、累積的にじわじわ効いてくるものであって、「これでもか、これでもか」とインフレを抑えるための利上げが繰り返された挙句の果てに、強気相場が終焉するわけです。

 今は利上げが端緒に着いたばかり。だからお楽しみは、まだまだこれからなのです。

今の状況では、オールド・エコノミー銘柄が狙い目

 それでは一体、何を買えば良いのでしょう?

 一般に利上げ局面では景気は強いわけですから、市況株が良いと思います。工業、素材、エネルギーなどの「オールド・エコノミー」のセクターです。

 具体的な名前を挙げれば、ゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)ダウ・ケミカル(ティッカーシンボル:DOW)デュポン(ティッカーシンボル:DD)エクソン・モービル(ティッカーシンボル:XOM)などです。

【2017年5月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!