世界投資へのパスポート
【第392回】 2015年11月16日公開(2015年11月16日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

パリ同時テロで市場は大荒れが予想されるも
経済の見通しが変化したわけではない!
下がった局面で仕込んでおきたい株とは?

<今回のまとめ>
1.パリ同時テロはまだ相場に織り込まれていない
2.今週は荒れ模様の展開が予想される
3.今回のテロが経済に与える影響は限定的
4.百貨店の銘柄が相次いで悪い決算を出したのが地合いを悪くした
5.しかし米国の消費が暗転したと考えるのは早計
6.グロース株は年末のタックス・ロス・セリングを浴びる
7.オールド・エコノミー株にシフトすること

パリ同時テロはまだ欧米の株価に織り込まれていない

 先週金曜日、NY市場が引けた後でパリ同時テロのニュースが入ってきました。つまりこの材料は欧米の株式市場にはまだ織り込まれていないということです。

 このため今週は週初から少し荒れ模様の展開になることが予想されます。

 ただ今回のテロがフランスや世界の経済に与える影響は極めて限定的だと思います。だから慌てて売るようなことはしない方が良いと思います。

 折からニューヨーク市場の相場の地合いは軟調です。

 先週の木曜日と金曜日の下げがきついですが、これはメイシーズ(ティッカーシンボル:M)とノードストローム(ティッカーシンボル:JWN)が連続して悪い決算を出し、相場全体の足を引っ張ったのが原因です。

 両方とも米国を代表する百貨店なのですが、悪い決算の理由は異なります。

 メイシーズの場合、ドル高でニューヨークに来る海外からの観光客が減っており34丁目の旗艦店における売上高が不振だったという説明でした。また消費者の嗜好が、ファッションやアクセサリーのような「モノ」から「体験型消費」に移っているという説明もされていました。

 これに対しノードストロームは「8月にぱったりと客足が途絶えた」という説明でした。8月のニューヨーク株式市場の急落で裕福層のマインドに陰りが出たことがその背景にあると思います。

 これらの発表を見て(米国の消費は、大丈夫だろうか?)と不安を抱く投資家が増えています。

 私の考えでは失業率は低いし、最近、賃上げのニュースも多いことから消費者のセンチメントはそれほど悪いとは思えません。加えてガソリンの値段も下がっているわけですから、消費者のフトコロにはある程度余裕が出来ていると察します。

 これらの事から米国の消費の先行きに余り悲観的になりすぎてはいけないと思います。

グロース株はタックス・ロス・セリングを浴びる

 それを断った上で投資家の物色には明らかに変化が見られ始めています。

 まずここ数年の米国の株式市場は、景気全体の動きとは無関係に業績を伸ばせて行ける企業の株を、株価収益率(PER)に関係なく買い進むというやり方が人気だったのですが、それが崩れ始めています。

 とりわけここ数年に新規株式公開された若いグロース企業の株は、こっぴどく売られています。

 これは連邦準備制度理事会(FRB)による政策金利の引上げが近いので「利上げ局面ではPERが剥げ落ち易い」という懸念から利上げに先回りした売りが出ているのだと思います。

 それに加えて、これから年末にかけては、いわゆるタックス・ロス・セリングが出やすいです。タックス・ロス・セリングとは年末までに実現損を出すことで、その年のキャピタルゲインと相殺(そうさい)することにより節税を図ることを指します。

 タックス・ロス・セリングは、経験則的にIPOされて日が浅いグロース株ほどきついことが知られています。したがって年末までグロース株には厳しい相場が続くと思われます。

これまで相場をけん引してきたリーダー株にも変調の兆し

 先週の相場ではこれらの小型株に加えて、これまで相場をけん引してきたナイキ(ティッカーシンボル:NKE)、アンダー・アーマー(ティッカーシンボル:UA)、アルタ・サロン(ティッカーシンボル:ULTA)、スターバックス(ティッカーシンボル:SBUX)、アップル(ティッカーシンボル:AAPL)などのリーダー株も値を消したのが印象に残りました。

 代わって値動きが良かったのが、デュポン(ティッカーシンボル:DD)、ダウケミカル(ティッカーシンボル:DOW)などのオールド・エコノミーの株です。

狼狽は無用!強気を崩さずオールド・エコノミー株を買え

 まとめると今週はかなり相場が荒れることが予想されますが、経済の見通しに変化が出たわけではないので狼狽は無用です。むしろ下がったところはクリスマス・ラリーに向けて絶好の仕込み場だと考えます。ただし買うべき株はオールド・エコノミーであって、グロース株ではないと思います。
 

【2017年5月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!