ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

連続飛び降り自殺で非難集中
iPadも生産する中国・富士康のOEM哀史
ストライキは日系企業にも飛び火

2010年6月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

富士康(FOXCONN、フォックスコン)総裁の郭台銘は、5月26日に深セン市で飛び降り自殺した社員の親族の前で深々と頭を下げて、3度ほどお辞儀をした。富士康は台湾系で、世界最大級のEMS(エレクトロニクス機器の受託製造)企業である。富士康では、自殺未遂も含めて、12件の自殺が連続して発生した。郭総裁はそれに何らかのメッセージを発しなければならない。絶対にマスコミに開放しない工場も、この日だけはすべて開放した。その日、四川省知事と台湾での会合があるので、郭総裁は、飛行機でいったん台湾に戻ったが、深センにいないその夜に、13件目の自殺事件が起こった。
(北京在住ジャーナリスト 陳言)

 自殺者はいずれも25歳未満の若者だった。富士康では基本給は深センの法定最低賃金である950元(約1万3000円)であるが、残業などが多くてたいていのワーカーは、月に2000元はもらっているという。

 無料のインターネット・カフェ、無料のプール、富士康の進出によって30万人も40万人も労働者が集まった富士康工場ゾーンでは、娯楽施設はほかのところよりは整備されている。なのになぜ若者はこんなに死を急ぐのだろうか。

 富士康の工場では上司のことを「ボス」と言い、ワーカー同士では人を罵る言葉である「ディアオ・マオ(もともとは日本語で男性器を意味する言葉)」で呼び合う。同じ宿舎に住んでいても、互いに名前も知らない。チップの組み合わせをしている彼ら自身も、いつの間にか名も知らず「チップ」になってしまった。マスコミが騒がなければ、チップは1人また1人亡くなっても何でもない。

 相対的に条件のいい日系企業は、自殺までワーカーを追い込んでいないが、深セン市からそんなに離れていない仏山市にあるホンダの部品工場では、5月17日からストライキが行われた。その後、ホンダは中国での車両生産の全面ストップに追い込まれた(6月1日時点)。台湾系企業の自殺余波は、ストライキの形で日系企業に飛び火している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧