世界投資へのパスポート
【第408回】 2016年3月7日公開(2016年3月11日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

「シェールガスの父」が不可解な事故で急死、
低迷が続く原油相場へ与える影響とは?

<今回のポイント>
1.「シェールの父」オーブリー・マクレンダンが不慮の死を遂げた
2.マクレンダンはシェール開発を通じてアメリカに貢献
3.シェールが成功し過ぎたことが彼の誤算
4.ライブドア事件のように一罰百戒を狙った?
5.倒産、廃業、身売りなどのニュースは相場の転換点に出やすい

アメリカを世界最大の産油国に押し上げた
「シェールの父」が交通事故で急死

 先週、元チェサピーク・エナジーのCEO、オーブリー・マクレンダンが交通事故で他界しました。

 マクレンダンは、自分の信じる事に全財産を賭ける、「相場師」的な起業家でした。

 余りにも強気経営に徹し過ぎたことで、自分が興したチェサピーク・エナジーを、2度も倒産寸前に追い込みました。

 だから経営者としての評価は、真二つに分かれています。

 しかし彼が米国のシェール開発に並々ならぬ貢献をしたという点は、誰もが一致して認めるところです。

 その結果、アメリカは世界最大の産油国になりました

 米国(青)の原油生産は2008年まで年々減少していたのですが、シェール・オイルの生産が軌道に乗り始めた2009年以降は急速に生産高が伸びていることがわかります。

今ある技術で誰も考えないコトを成し遂げ、
消費者、地球温暖化抑制などに恩恵をもたらした

 シェール・ガスならびにシェール・オイルがふんだんに生産されるようになったため、米国の天然ガス価格や原油価格は下落し、消費者が恩恵をこうむりました

 また米国の発電所が次々に石炭からクリーンな天然ガスに切り替えたことで、シェール革命は地球温暖化現象を抑制する面でも大いに貢献しました

 マクレンダンは、シェール開発の際に援用される、水平掘りや破砕法などの技術を発明した人ではありません。それらの技術は、昔からあったのです。

 でもそれらの技術を上手く活用することで、これまでは絶対に無理だと考えられていた地中奥深くの岩石層に閉じ込められた、天然ガスや原油を効率的に生産することが出来ると彼は信じました。

 つまり今あるテクノロジーで、皆が考えもしなかったデカいことをやる……その想像力、ないしはビジョン(展望)が彼にはあったのです。そのためには粘り強く試行錯誤を続け、けっして諦めなかったことも、人々を感嘆させました。

天然ガスと原油価格の低迷のさなか、
米司法省に起訴された翌日に不可解な交通事故で急死

 マクレンダンはシェール開発が技術的に可能であり、十分な経済的合理性を持っていると主張しました。彼の主張が正しい事は、その後の米国における生産高の急増が証明しています。

 しかし……ある意味、彼は「正し過ぎた」のです。

 つまりシェールが成功し過ぎたため、続々と新規参入者が現れ、天然ガスや原油がじゃぶじゃぶに余ってしまったのです。これはマクレンダンにとって「想定外」だったと思います。

 彼はチェサピーク・エナジーを去った後でもシェールの鉱物権を買い漁り、リベンジを期していました。

 しかし余りにも天然ガスならびに原油価格が低迷したので、生産を始められなかったのです

 そこで待機している間に、折角、買い集めた鉱物権の権利が離散してしまわないように、あの手この手でポジションをキープすることに腐心しました。そのやり方が司法省からとがめられ、先週、シャーマン反トラスト法違反の疑いで、起訴されたのです。

 ある意味、あの手この手でやりくりしているのはマクレンダンだけでなく、事情は他の業者でも同じです。だからマクレンダンの起訴はライブドア事件のような「一罰百戒」を狙った意図が見え隠れします。

 実際、起訴された日、マクレンダンは「なぜ自分だけが……」と起訴の恣意性を嘆くコメントをしています。今回の起訴で震え上がった経営者は、他にも多かったと思います。

 シャーマン反トラスト法は、とてもパワフルな法律で、長くて莫大な費用のかかる裁判が予想されますし、マクレンダンが勝訴する可能性は小さいでしょう。

 マクレンダンから鉱物権を取り上げるということは、例えて言えばツール・ド・フランスに出場を目指していた自転車選手がドーピングで永久追放されるような、絶望的なことです。

 マクレンダンが起訴された翌朝、彼はオクラホマ州の郊外の一本道を走っていて、立体交差にさしかかった時、舗道から大きく逸脱し、その橋げたに猛スピードで突っ込みました。

 まだ事故の正式な原因は断定されていませんが、オクラホマ警察は、突っ込む前にシートベルトをわざと外した事、舗道を外れ路肩の原っぱに入っても未だ軌道修正できたはずだったこと、ブレーキを踏んだ形跡がないこと、などを指摘しています。つまり自殺の可能性が強いわけです。

「シェールの父」の死はサウジアラビアの
対シェール業者への作戦の結果が表れた一事

 さて、相場の観点からは、倒産、廃業、身売りなどのニュースは大底に出やすいです。その意味では今回の「シェールの父」の不慮の死も、きわめて象徴的な出来事だと言えます。

 2月22日の本コラム(株価の行方を左右する原油価格は今後どう動く?)で書いたように、シェール企業の生産コストはどんどん下がっていますし、相次ぐ公募増資でそれらの企業は長期戦に備えています。その一方でサウジアラビアは増産の手を緩める様子を見せていません。

 これらの事から、現在の低い原油価格が、長期に渡って続くという条件は基本的に変わっていないと思います。

 しかしマクレンダンの死は、「米国のシェール業者を、徹底的に追い詰める」というサウジアラビアの作戦が具体的な結果として現れたのだと言う風に解釈することもできます。

 もしそうであれば、シェール業者とサウジとの間の死闘は、クライマックスに近づいていると言えます。
 

【2017年7月3日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【攻め&守りの高配当株&株主優待ベスト117】
攻めと守りで儲かる高配当株」の投資法
今が買い高配当株52銘柄を大公開
高配当株億を作った個人投資家のワザ
・27%超も!「株主優待」目的別ベスト117
・「優待+配当」の合計利回りランキング
確定拠出年金読者損益リアル白書
・17年上半期の投信上昇率ランキング
4年ぶりの買い場高利回りJリート
LINEなど5大ポイントの貯める&使うテク
定年後の5年間でトクする働き方
東芝など不祥事株の売り・買い診断
・東証1部昇格期待株を先回りで狙え!
不足する高齢者施設の問題点とは?

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!