世界投資へのパスポート
2016年4月11日公開(2017年11月17日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

アベノミクスへの疑念から円安トレンドは崩れた!
円高では日経平均株価は上昇しないので
いまは米国株やブラジル株、メキシコ株を買え!

<今回のポイント>
1.ドル/円は心理的に重要な110円を割り込んだ
2.アベノミクスの有効性が疑問視され、再び閉塞感が募っている
3.インフレになりはじめている国の通貨は、売られやすい
4.ドル安は米国の輸出企業、石油会社、銀行にとってプラス
5.ドル安はブラジル、メキシコなどの新興国にもプラス

急激に進行する円高は
アベノミクスの有効性への疑問の現れ

 先週、為替市場は急激な円高に見舞われました。ドル/円は、心理的な抵抗線と見られた110円をあっさりと割り込み、108円台で取引されています。

 2012年秋以降、ずっと続いていたドル高トレンドは、完全に崩れ、チャートは教科書的な三尊天井を完成しました。

 このことはアベノミクスの有効性に疑問を投げかけていると思います。

 アベノミクスは大胆な金融緩和をすることで、為替を円安に持って行き、インフレを起こすことを狙っていました。そうすることで、すっかり日本人の間に定着してしまったデフレ心理に働きかけようというわけです。

 デフレとは、ありとあらゆるモノやサービスの価格が下落する現象を指します。

 皆さんは(モノが安くなるのはたいへん結構なコトだ)と思うかもしれません。

 それは事実なのですが、物価がことごとく下落する状況では、企業の経営者が新しく工場を建てたり、従業員を雇うなど、動けば動くほど墓穴を掘ってしまいます。

 つまり経営が守りに入ってしまうのです。

 そのような状況では、閉塞感がつのり、過去に借りた借金の返済負担だけが重く圧し掛かります。

 円高になっているということは、我々は再びそういう状況へ逆戻りしてゆくことを暗示しているのです。

 そのシナリオ下では、当然、株も上がりませんし、タワー・マンションなどの不動産に投資してもダメだし、円高で外国人観光客にとって日本はコスト高で行きにくくなります。

 つまり今まで上手く行きそうな兆候が見られた、いろいろなことが、すべて「逆流」してしまうリスクに我々は晒されているのです。

 もちろん今回の円高の背景には、先のマイナス金利の導入が金融界から総スカンを喰ったということがあると思うのですが、同じくマイナス金利を導入している欧州では、そういう不満の声は小さいです。

 なぜ日本の金融機関だけが甘やかされるべきなのかは、よく考えてみる必要があると思います。

アメリカのインフレ期待は上昇
ドル安になると原油価格も上昇する傾向

 一方で、米国ではインフレ期待が上昇しています。下は5年先5年物期待インフレ率のチャートです。

 これは米国財務省証券利回りからTIPS(インフレ連動)債利回りを引き算して求められます。

 このグラフが上向いているということは、「いまから五年先を起点として、そこから先の中期的なインフレの展望が上向いている」ということを意味します。

 インフレが「微熱状態」のように出始めている国の通貨は、売られやすいです。

 インフレ期待が高まっている背景には、原油価格の底入れも影響していると思います。

 普通、ドル安になると原油価格は上昇する傾向があるので、今後も原油価格は上昇する可能性があります。

ドル安になれば輸出企業にはプラス
ドル安は新興国にもプラスになる

 ドル安になると輸出企業の利益は増えます。またドル安は原油高要因なので、原油価格が上昇すれば2014年以降、落ち込みが激しかった石油会社の利益が底打ちすることを意味します。

 銀行はシェール企業にお金を貸付けている関係で、原油価格が下がると貸倒引当金を積み増さなければいけなくなります。それは銀行の利益を圧迫します。だからドル安で原油高になれば、引当金を積み増すプレッシャーから解放されるので、銀行の収益にとってもプラスに働くわけです。

 ドル安は、新興国経済にとってもプラスに働きます。なぜなら新興国は一次産品の輸出に頼っている国が多く、コモディティ価格はドル安に助けられるからです。

 さらに米国の投資家はドル安局面になると新興国、とりわけメキシコやブラジルなどの南米諸国への投資に積極的になることが知られています。このところ新興国への資本流入は歴史的に見ても極めて低調でした。

 それがより高いリターンを求めて、米国の投資資金が資源国へ戻る可能性が高くなっているのです。

いまは日本株を買う時ではない
海外の投資機会へシフトせよ

 円安だと日経平均が上昇するのと同じ理屈で、ドル安だと米国株が上昇します。もし今後も円高が続くのであれば、日本株には多くを期待できないでしょう。

 従って、海外への投資の割合を増やすことをお勧めします。

 米国株では
(1)経済が拡大し、(2)金利が上昇する時に騰がりやすい、素材、エネルギー、工業、市況株が良いと思います。

 逆に金利上昇局面では売られやすいバイオテクノロジーやハイテク株は避けるべきです。

 またブラジル株、メキシコ株などの、アメリカの投資家が好んで投資する新興国も有望だと思います。iシェアーズMSCIブラジル・キャップトETF(ティッカーシンボル:EWZ)やiシェアーズMSCIメキシコ・キャップトETF(ティッカーシンボル:EWW)が良いと思います。

【2017年10月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンラインPickUP
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!


 

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!


【株で資産倍増計画![2018年版]】
1億円に早く近づく厳選56銘柄を公開
億超え投資家資産倍増の極意
・今後1年の日経平均の高値&安値を大予測
プロが提言! 2018年に日本株を買うべき理由! 
・変化の追い風を先読み! 新デフレ&新興国株
・好業績&割安! 上方修正期待株&成長割安株
・第4次産業革命! 独自技術を持つ部品株
新iPhone上がる株 25
利回りが大幅アップ!「長期優遇あり」の優待株
・今買うべき新興国株投資信託ベスト25
ネット証券のサービスを徹底比較! 
・怖いのは死亡・入院だけじゃない!
「働けない」を 助ける保険! 
iDeCo個人型確定拠出年金老後貧乏脱出!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング