ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
石原壮一郎「大人のネットマナー教室」

ツイッター、iPad、オフ会・・・・・・ネットの話題をリアルな場で話すときの大人のマナー

~自虐や称賛を素直に受け取るのは大ケガのモト~

石原壮一郎 [コラムニスト]
【第17回】 2010年8月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 暑い日が続きますが、暑いからといって大人のマナーを疎かにするわけにはいきません。

 華麗な大人力を発揮するには、熱い情熱とクールな判断のバランスが大切。頭の中を熱くしたり冷たくしたりしながら、何となく夏を乗り切りましょう。

 さて、とくに意味はない適当な導入はさておき、前回に引き続いて、ネットやパソコンの話題を無難に平和に交わすための注意点やマナーを考えてみたいと思います。

 前回はふたつの危険エリアについてお話ししました。

 すなわち「危険エリアその1-上司が昔のパソコンのダメさを嘆き始めたときの望ましい対応」と「危険エリアその2-ネットやメールに拒否感を抱いている年配者を刺激しない無難な対応」です。

 そういう人たちと接する場面で、提唱したノウハウを使っていただいていたとしたら、たいへん光栄です。ふと耳をすますと「おかげで地雷を踏まずに済みました!」「上司との関係が一気に良好になって出世が近づきました!」といった感謝の声が、あちこちから聞こえてきている気がしないでもありません。

 そんな声が飛び交っているという妄想を励みにしつつ、さっそく「その3」に行ってみましょう。

危険エリアその3
濃い~オフ会の体験を自虐的に語る
人に対して素直な相づちは禁物

 前々回の「ネットでの知り合いと初めて会うときの『使えるフレーズ&マナー』」の中で、「いっしょに飲むんだったら、本名ぐらいあっさり名乗りましょう」というようなことを書いたら、予想を超えた大きな反響をいただきました。

 そんなに特別なことを書いたつもりはないのに、人それぞれ、いろんな“常識”があることをあらためて思い知った次第です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石原壮一郎 [コラムニスト]

1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に「大人養成講座」でデビュー。以来、大人モノの元祖&本家として、ビジネスから恋愛まで幅広いジャンルで日本の大人シーンを牽引している。ニンテンドーDSのゲームソフトにもなった「大人力検定」では、世に大人ブームと検定ブームを巻き起こした。「大人のホメ力」「30女という病」「決断道」など著書多数。最新刊は「大人のワザあり!超メール術」(青春文庫)。 ホームページ「大人マガジン」http://www.otonaryoku.jp/


石原壮一郎「大人のネットマナー教室」

今や、ネットなしでは夜も日も明けません。しかし、メールにせよツイッターにせよSNSにせよ、その“マナー”や“ルール”は極めて曖昧な状態にあります。ネットの危険な落とし穴にはまらないために、ネットをさらに便利に楽しく使いこなすために、いろんな状況における「大人のネットマナー」を追求していきましょう。

「石原壮一郎「大人のネットマナー教室」」

⇒バックナンバー一覧