世界投資へのパスポート
【第416回】 2016年5月2日公開(2016年5月2日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

石油株に教科書的な買いチャンスが到来!
アップル等の悪決算でエネルギー株へ資金シフトも。
これから狙うエクソン・モービルなど石油株も紹介!

アップルやアルファベットの悪決算で
ナスダック総合指数のチャートが崩れ始めた

 先週の米国株式市場はダウ工業株価平均指数とS&P500指数が-1.3%、ナスダック総合指数が-2.7%でした。

 ナスダック総合指数の下げがきつかったのはアップル(ティッカーシンボル:AAPL)アルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)ギリアド・サイエンシズ(ティッカーシンボル:GILD)などのテクノロジーならびにバイオテクノロジー企業が相次いで落胆すべき四半期決算を発表したからです。

 これで主要指数の年初来パフォーマンスはダウ工業株価平均指数が+2.0%、S&P500指数が+1.0%、ナスダック総合指数が-4.6%になりました。他の主要株価指数に比べてナスダック総合指数だけがこれだけ劣後することは珍しいです。

 しかしテクニカル・チャートから判断するとナスダック総合指数の下げはまだ始まったばかりのように見えます。

 今年の2月中旬に底値を付けて以来、先々週まで続いていた上昇トレンドは崩れてしまいました。

 また去年の7月と12月の高値を今回の高値と比べると、だんだん高値が切下がっていることがわかります。これは「ロウアー・ハイ」と言って、テクニカル分析の見地からは悪いパターンです。

原油安により米国のシェールガス生産量が下落、
2014年夏から下落していた原油価格は反発に転じる

 一方原油価格は2014年の夏からずっとダラダラ安が続いていたのですが、ここへ来て下降トレンドラインを破り、明らかに上昇に転じています。

 これは米国のシェール油井の大半が、折からの原油安で不採算となった結果、活動を停止したことによります。

 北米ロータリー・オイルリグ稼働数はピークの1609本から現在は僅か332本と-79%も激減しました。

 これを受けて北米の原油生産高もハッキリと減少傾向となっています。

 つまり今回の原油価格の高騰は、明らかに生産調整がもたらした需給好転に根差したものなのです。

テクノロジーセクターからエネルギーセクターへ
機関投資家の資金シフトに注意が必要

 これまでテクノロジーとヘルスケアはS&P500指数のそれぞれ20%と15%を占める、重要なセクターでした。

 その大きなセクターの見通しが暗転しているので、機関投資家の資金はその他のセクターに移動しはじめています。その資金の行先は、エネルギー・セクターだと思います。

 過去25年間の平均ではテクノロジー・セクターは15.9%でした。すると上で見た現在の20%というのは歴史的に見て高すぎる比率だと論じることが出来るかもしれません。

 過去にテクノロジーがこれほど大きな比率を占めたのは2000年のドットコム・バブルの時であり、当時は35%を占めていました。

 一方、エネルギーは過去25年の平均が9.2%なので、現在の7%はアンダーウエイトになっていると言えます。

 つまりポートフォリオのリバランスの考え方からすれば、テクノロジーを減らしてエネルギーを増やすということをファンドマネージャーは考えると思うのです。

これから狙いたい石油関連銘柄
エクソン・モービル、シェブロンなど

 そこで石油関連の銘柄ですが、まずエクソン・モービル(ティッカーシンボル:XOM)を挙げないわけにはゆきません。これは世界の大手石油会社の中で最もしっかり経営された企業です。

 またカリフォルニアに本社を置くシェブロン(ティッカーシンボル:CVX)も良いと思います。

 シェールオイルの探索・生産ではパイオニア・ナチュラル・リソーセズ(ティッカーシンボル:PXD)、ヘス(ティッカーシンボル:HES)あたりが良いと思います。

 石油サービスではシュルンベルジェ(ティッカーシンボル:SLB)とトランスオーシャン(ティッカーシンボル:RIG)にも注目です。
 

【2017年5月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!