ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
バカリーマンでも年収1000万円稼ぐ6大奥義

【バカでも年収1000万円稼ぐ6大奥義(1)】
「成功の糸は毎週木曜日に降りてくる」

伊藤喜之 [アライブ株式会社 取締役]
【第1回】 2010年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
バカリーマン日本代表 伊藤喜之

 「自分を変える方法」「自分を大きく成長させる方法」など自己成長にまつわる、ありとあらゆる情報が世の中に出回っています。

 僕もダメダメサラリーマンから「一発逆転」したいがために、いろんな情報に触れてきましたが、その内容はみんな複雑で難しい。とても「偏差値30」の僕のようなおバカには、理解できるものがありませんでした……(涙)。

 今から約6年前、「輸入車系の商社」に営業職で新卒入社するも、全く成績が出ずに工場での出荷作業を担当させられてました。当然、毎日やる気ナシ。

 「こんな状態では本当に腐ってしまうぞ」と悩んでいたある日、工場での仕事を終えて、家に帰り、コーラとポテトチップスを食べながらテレビ番組を見ていると、ある料理研究家の人がこんなことを言ってました。

 「今のみなさんの体は、1ヵ月前に食べたもので作られているんですよ」

 たしかこんな内容だったと思います。

 このコメントを聞いたとき、僕は「ハッ!」と閃きました。

 「1ヵ月前に食べたもので今の体が作られているってことは、仕事で成果が出ないダメな自分を作り上げているのは、これまで自分がチョイスしてきた選択肢の積み重ねなんじゃないか?」

 何か胸につっかえていたものが、「ガコン」と大きくはずれた瞬間でした。

 「そうだ、自分を大きく変えたかったら、今までチョイスしてこなかった選択肢を意識的に選べばいいんじゃないか? 自分の体を変えるために食生活を変えるのと、まったく同じだ!」

 「これはイケる!」と、瞬時に確信しました。

 なぜなら、「選択肢を変えるだけ」だったら、今までずっとAを選んできたのを、Bにするだけ。これなら学歴や資格、専門スキルなどの、「能力」は一切必要ありません。超カンタンです。これならさすがに「おバカな自分でもできる!」そう思ったのが大きかったのです(笑)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
バカリーマンが教える バカでも年収1000万円を稼ぐ方法

どんな状態からでも1000万円稼げる6大奥義。99%の人々が見落としていた成功法則「成功の糸」「超速行動」「弱点レーダー」「人に貯金」「夢は持つな」「逆さまの法則」を伝授!「こんなに簡単だったんだ」と驚くこと間違いなし。

話題の記事

伊藤喜之 [アライブ株式会社 取締役]


1981年、愛知県一宮市生まれ。
幼少時からスポーツに明け暮れ、唯一誇れた特技ソフトテニスで「スポーツ特待生」として高校進学するも挫折。中学、高校では年間350日を部活動に当てたため、学力ゼロ。偏差値は20台を記録。大学生時には一発逆転を図り、 ベンチャー企業アライブ株式会社の立ち上げに協力するも、創業者から「バカなお前は生きる価値がない」と吐き捨てられ、会社を飛び出す。

しかし、営業で入社した商社でも成績ふるわず、倉庫での出荷担当者になり1年半で退職。全てに挫折した怒りから、学歴や専門スキルがなくても、成功するためのメソッドを実践しながら開発。その後、そのメソッドを実証するため、かつて見捨てられたアライブ株式会社に出戻りし、たった3年で平社員から取締役に昇進。年収も200万円から1000万円に。 その独自メソッドをまとめた書籍『バカでも年収1000万円』を発売。

現在では東証一部上場メーカーや、外資系大手レコード会社から指名が来る、広告戦略のコンサルタントとして、数々のヒットを生み出している。


バカリーマンでも年収1000万円稼ぐ6大奥義

学歴も資格もない学力ゼロの「おバカ」であった著者は、とても簡単なある成功法則“6大奥義”を実践するだけで、年収1000万円稼げるように!この連載では、そんな99%の人が見落としていた成功法則6つを紹介していく。

「バカリーマンでも年収1000万円稼ぐ6大奥義」

⇒バックナンバー一覧