世界投資へのパスポート
【第427回】 2016年7月18日公開(2016年7月21日更新)
バックナンバー

「世界投資へのパスポート」

著者・コラム紹介

世界投資へのパスポート

広瀬隆雄 ひろせ・たかお
三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国カリフォルニア州在住。

広瀬 隆雄

順調すぎる株式市場は目先調整が入る可能性も!
米国のメガバンク決算発表から判明した
景気拡大の持続を示唆するデータとは?

米国株式市場は過去最高値達成
目先は調整が入る可能性もあり注意が必要

 米国の主要株価指数であるS&P500指数が過去最高値を更新しました。これまでの最高値は去年の5月につけた2134.72でした。先週の引け値は2161.74でした。

 本コラムでは、英国のEU離脱投票後の大混乱の真只中だった6月27日に「今週はどえらいチャンスが巡ってくる!」として、買い出動を促しました。そのシナリオ通りになったわけです。

 目先は上げピッチが早過ぎるので、スピード調整が入る可能性があります。だから既に投資している以上の新規マネーを投入するのは禁物です。

 ただ既に建ててあるポジションに関しては、そのまま維持でオッケーだと思います。なぜなら現在の株高は、ちゃんと米国の好景気に裏打ちされているからです。

人気、不人気のセクターから見ると
米国の景気サイクルはまだ若い

 いま米国株のセクター・パフォーマンス(過去半年ベース)で上位に来ているのは、金鉱株、鉄鋼、石油探索生産、鉱業、機械などです。

 これらのセクターは、景気後退局面から景気が底入れし、拡大へと転じる頃に人気になりやすいのです。

 一方、最下位のセクターは、ジュエリー、ソーラー、百貨店、自動車、ジェネリック薬などです。このうちジュエリー、百貨店などは景気拡大局面の後半に相場になりやすい特徴を持っています。

 このことから何が言えるか? といえば、少なくとも株式市場で人気になっているセクターを見る限り、まだ米国の景気サイクルは若いということです。

 もちろん、このセクター・パフォーマンスを「額面通り受け止めてはいけない」と見る事も出来ます。近年はグローバライゼーションが進行しており、鉱業や機械などのセクターは、中国経済減速の影響を去年受けた関係で株価が低位にあり「それは必ずしも米国の景気サイクルを反映していない」と主張することもできるからです。

 ただ世界の中央銀行は極めて低い水準に政策金利を維持していますし、普通、金利がそういうフェイズ(位相)になっている時は、「好景気が終焉しかかるとき」と言うより、これから「好景気が始まるとき」である場合の方が多いです。

 結局、何が言いたいのだ! といえば、私が主張したいことは相場の語りかけてくることに静かに耳を澄ませば「これから景気は良くなる」と言っているということです。

メガバンクの個人向け融資が伸長
消費主導型の景気拡大は今後も持続する可能性大

 先週、JPモルガン、ウエルズファーゴなどの世界最大級のメガバンクが決算発表しました。そこで印象に残ったのは、シェール産業への貸付内容の動向でも、英国のEU離脱を巡る考察でも無く、アメリカの消費者の動向に関する、各行経営陣の見解でした。

 まずJPモルガン(ティッカーシンボル:JPM)の第2四半期決算ですが、EPSは予想1.43ドルに対し1.55ドル、売上高は予想238.4億ドルに対し244億ドルでした。

 平均コア融資残高は前年比+16%、前期比+3%でした。とりわけ消費者&コミュニティ向け平均コア融資残高は前年比+23%と好調でした。

 同行と取引開始し日が浅いクレジットカード顧客の残高に対する貸倒引当金が増えたのが注目されました。普通、カード会社をコロコロ変える顧客は、クレジットカードの借金のやりくりに苦慮している家計である場合が多く、銀行にとっては「高リスク」です。

 また自動車ローンでは、競争の激化から、貸し手がリスクを多く取り始めており、その分、焦げ付きも増えています。その関係で、JPモルガンの自動車ローンにおける損金計上も増加しました。

 つまり一般消費者に対する信用の供与は、どんどん伸び始めているけれど、それに呼応する形で、今後、焦げ付きも増加しそうな兆候が出ているということです。

 一方、ウエルズファーゴ(ティッカーシンボル:WFC)の第2四半期決算はEPSが予想に一致する1.01ドル、売上高が予想220.9億ドルに対し221億ドルでした。

 第2四半期の住宅ローンのオリジネーション(組成)は630億ドルでした。ウエルズファーゴは全米屈指の住宅ローン・ビジネスを展開しており、アメリカの住宅販売の動向を知る上で、同行の決算は貴重なデータポイントを提供しています。

 第3四半期の住宅ローン・オリジネーションは第2四半期に比べて少し増えると予想しています。また非金利収入(=その多くは住宅ローン・オリジネーション・フィーです)は、去年より大きくなると見ています。

 一方、景気のサイクルから考えて、今後、貸倒引当金はだんだん増えてくると同行では予想しています。

 これらのメガバンク決算から言えることは、リーマンショック以降、家計を切詰め、借金の返済を最優先してきた米国の消費者は、ここへきて自動車ローンや住宅ローンを組むことに積極的になっているということです。

 言い換えれば、超低金利のこんにち、消費者にとって「借りた者勝ち」の環境が出来上がっているということです。

 もちろん、融資残高の増加は、ゆくゆく焦げ付きの増加を招くでしょう。しかしそれは将来の懸念材料であり、今の段階ではまだ心配しなくても良いと思います。

 大事なポイントは、消費主導型の景気拡大は今後も持続するということです。

【2017年5月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1390銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
1取引あたり25米ドル(1000株まで)
※1000株を超えた分は、1株あたりに2セント追加
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr

[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2017]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2017年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

上がる5万円株大研究
ふるさと納税ベスト
桐谷さんの必勝株

7月号5月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【日本株やふるさと納税、投信情報が満載!】
・高配当・大化け・優待狙い5万円株大研究
・4つの視点で選ぶ優良5万円株ランキング
桐谷さんの少額の株主優待必勝株!
・はじめての株価チャート教室
ソニーなど人気7銘柄テクニカル分析
・最新決算でわかった本当に強い株18
2017年末までの買い時と投資戦略
急げ!高還元率ふるさと納税大集合
・減配リスクが小さい毎月分配型投信
勝ち組が指南!ネット証券選びの新常識
株主総会の見所&お土産ベスト37
赤字転落日本郵政は売りか?
・世界最強の米国株の上昇はどこまで上がる?
・ほったらかしFXで稼ぐ

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!