ふるさと納税おすすめ特産品情報
2018年7月11日 ザイ・オンライン編集部

2018年度版【ふるさと納税ランキング~シャインマスカット編~】
シャインマスカットをお得にもらえる自治体を比較!
コストパフォーマンス最強のおすすめ自治体はココ!

ぶどうの中でも人気の「シャインマスカット」を
「ふるさと納税」でお得にもらえる自治体を徹底調査!

 マスカットは、その爽やかな香りと上品な甘さで老若男女に好まれている果物だが、その中でも近年、特に人気を博しているのが「シャインマスカット」だ。

 シャインマスカットは、甘い果汁がたっぷり含まれているうえに、種がなく、皮ごと食べられるという特徴から、2006年に品種登録されたばかりにもかかわらず、瞬く間に人気が広がった品種。栽培と貯蔵が比較的に容易なため、一般的なマスカットよりは手頃な値段で購入できるが、それでも1房2000~3000円と、ぶどうの中では高価な部類に入る。

 そんなシャインマスカットをお得に入手したい人におすすめなのが「ふるさと納税」だ。シャインマスカットは「ふるさと納税」の返礼品としても人気が急上昇中で、「山梨県」「長野県」「岡山県」などを中心に、全国のさまざまな自治体がシャインマスカットの返礼品を用意している。

 となると、気になるのは「どこの自治体に寄付すれば、お得にシャインマスカットをもらえるか」ということ。そこで今回、ザイ・オンライン編集部では、「寄付金額に対して、どれだけ多くのシャインマスカットがもらえるか」という基準で各自治体をリサーチし、お得度でランキングを作成した。お得にシャインマスカットをもらえる自治体が一目瞭然なので、ぜひ、今年の「ふるさと納税」の参考にしてほしい。

【ふるさと納税の基礎知識はコチラ!】
ふるさと納税の仕組みと始め方をわかりやすく解説!自己負担額たった2000円だけで返礼品をもらう方法や通信販売並みに便利に使いこなすワザを一挙紹介!
ふるさと納税して確定申告が必要になる人とは?「ワンストップ特例」と「確定申告」の違いやそれぞれの注意点、用意すべき書類をまとめて紹介!

【第1位】1万円の寄附でシャインマスカット2.2kg!
「ふるさと納税」関西地域の王者はここでも強い!
堂々の単独トップに輝いたのは「大阪府泉佐野市」!

「【秀品】シャインマスカット2.2㎏(3~5房) 」がもらえる「大阪府泉佐野市」

 2018年の「ふるさと納税ランキング~シャインマスカット編~」第1位に輝いたのは「大阪府泉佐野市」だ。

「ふるさと納税」を毎年活用している人や、ザイ・オンラインの「ふるさと納税」記事の読者であれば、「泉佐野市」の名前には見覚えがあるはず。というのも、「泉佐野市」は「ふるさと納税」に非常に力を入れている自治体のひとつで、総務省の発表によると、2016年度の自治体別寄附額は関西の中でトップクラスという大人気の自治体なのだ。

 そんな「泉佐野市」に1万円を寄附するともらえる「【秀品】シャインマスカット2.2kg(3~5房)」が、並み居る強豪自治体に一歩差をつけて、2018年の「ふるさと納税ランキング~シャインマスカット編~」第1位を飾る形となった。

 この「【秀品】シャインマスカット2.2kg」は、「山梨県産」「岡山県産」「長野県産」のいずれかとなっており、産地を選ぶことはできないが、果物の一般的なランクで最高位に位置する「秀品」のシャインマスカットを2.2kgもらえるため、味も量も大満足すること間違いなしだ。

 ただし、残念ながらこの返礼品は、すでに申し込み受付を終了していしまっている。しかし、「泉佐野市」では、1万の寄付で「シャインマスカット2kg」がもらえる返礼品を多数用意しているので、そちらもチェックしてみるといいだろう。

【同率2位】1万円の寄附でシャインマスカット2kg!
惜しくもトップを逃したものの、驚くほど甘い
丸亀市産シャインマスカットがもらえる「香川県丸亀市」!

「丸亀市場より直送!シャインマスカット!ド~ンと2㎏(3~5房)」がもらえる「香川県丸亀市」

 2018年の「ふるさと納税ランキング~シャインマスカット編~」では、なんと「1万円の寄附でシャインマスカット2kg」をもらえる13自治体が同率2位にランクインした。どの自治体も魅力的で悩ましいが、今回は、ザイ・オンラインが選んだおすすめの4自治体を紹介しよう。

 まず紹介するのは「香川県丸亀市」。「丸亀市」は、古くから金刀比羅宮、いわゆる“こんぴらさん”の参拝口として栄え、「香川県」では「高松市」に次いで2番目に大きな自治体だ。「丸亀市」も「ふるさと納税」に注力しており、農作物の返礼品を約50種類用意しているのだが、それらはすべて「丸亀市産」であることにこだわっているのだとか。

 そんな「丸亀市」に1万円を寄付すると「丸亀市場より直送!シャインマスカット!ド~ンと2kg(3~5房)」がもらえる。マスカットというと、山梨県や岡山県などが有名だが、実は、香川県はシャインマスカットの生産量で全国5位を誇る都道府県。そんな香川県にある「丸亀市」もシャインマスカットの栽培が盛んで、瀬戸内特有の温暖な気候のもと、のびのび育ったシャインマスカットは驚くほど甘いそうだ。

 なお、本記事の最後には、「丸亀市」のふるさと納税担当者に行なったインタビューを掲載しているので、ぜひ、最後まで読んでいただきたい。

【同率2位】1万円の寄附でシャインマスカット2kg!
フルーツ王国自慢のシャインマスカットを
贅沢なボリュームでお届けする「福岡県うきは市」!

「中村柿ぶどう園 シャインマスカット2kg」がもらえる「福岡県うきは市」

 次に紹介する同率2位の自治体は「福岡県うきは市」。福岡県南東部に位置し、歴史的な街並みと恵まれた自然環境を持つ、情緒あふれる自治体だ。

 また、県内有数のフルーツ産地である「うきは市」は、春夏秋冬いつでも季節の果物を楽しめる魅力的な自治体。実際に「ふるさと納税」の返礼品として、シャインマスカット以外にも、「梨」「柿」「桃」など、数多くの果物を返礼品として取り扱っている。

 そんな「うきは市」に1万円を寄付するともらえるのが「中村柿ぶどう園 シャインマスカット2kg」。この返礼品のシャインマスカットは、酸味がほとんどないうえに、糖度はなんと20度もあるそうだ。20度と言われても、あまりピンと来ないかもしれないが、一般的なメロンを凌ぐ甘さと言えば、その凄さがわかるだろう。

 しかも、この「中村柿ぶどう園 シャインマスカット2kg」に申し込むと、その日の朝に収穫したシャインマスカットを直送してくれるのも嬉しいポイント。新鮮で瑞々しいシャインマスカットを味わいたい人は「うきは市」に寄付するのがおすすめだ

【同率2位】1万円の寄附でシャインマスカット2kg!
果物の生産が豊富な信州勢から、
ランキング上位に食い込んだ「長野県須坂市」!

「朝採れシャインマスカット2kg(3房)」などがもらえる「長野県須崎市」

 続いて紹介する同率2位の自治体は「長野県須坂市」だ。ぶどう大国である「長野県」を代表して、堂々のランクインを果たした。

 長野県は、夏でも涼しく、朝と夜の寒暖差が大きい地域。その気候が果物の生育に適しており、長野県で育った果物は、甘みが強くてジューシーなのだとか。

 そんな長野県にある「須坂市」に1万円を寄附すると「朝採れシャインマスカット2kg(3房)」がもらえる。この返礼品のシャインマスカットは、減農薬・有機肥料にこだわっている「宮尾農園」で栽培されたもので、こちらもその日の朝に収穫したものを送ってくれるとのことだ。

 ただし残念ながら、この「朝採れシャインマスカット2kg(3房)」は、すでに申し込み受付を終了していしまっている。しかし「須坂市」では、シャインマスカットのほかにも、1万5000円の寄付でもらえる「宮川農園 種無し巨峰3kg」や、2万5000円の寄付でもらえる「ナガノパープル2kg(3~5房)」といった返礼品も用意している。また、「須坂市」で栽培されたぶどうをセットにした「皮ごと食べられるブドウ詰合せ2kg(3房)」は1万5000円の寄付でもらえるので、さまざまなぶどうを食べ比べたい人は、この返礼品に申し込むのもおすすめだ。

【同率2位】1万円の寄附でシャインマスカット2kg!
砂丘で育てられた、なんとも珍しい
シャインマスカットをもらえる「鳥取県湯梨浜町」!

「潮騒熟成ハワイ種なしシャインマスカット2kg(3~5房)」がもらえる「鳥取県湯梨浜町」

 最後に紹介する同率2位の自治体は「鳥取県湯梨浜町(ゆりはまちょう)」。

「湯梨浜町」に1万円の寄附をすると「潮騒熟成ハワイ種なしシャインマスカット2kg(3~5房)」がもらえる。「ハワイ」の文字に「?」と思った人もいるだろうが、これはアメリカのハワイではなく、「湯梨浜町」にある「羽合(はわい)地区」のことだそう。

 しかも、このシャインマスカットは「羽合砂丘」で栽培された、なんとも珍しい商品となっている。「鳥取県」と言えば「鳥取砂丘」が有名だが、この「羽合砂丘」も小規模ながら、鳥取県にある砂丘のひとつ。かつては“不毛の地”と呼ばれていたそうだが、多くの人の努力と工夫によって、いちごやメロンなどの果物を栽培できる土地に変貌。さらに、最先端の技術と情熱により、この羽合産シャインマスカットが誕生したそうだ。

 ちなみに、「湯梨浜町」に1万円を寄付するともらえる「潮騒熟成ハワイ種なしピオーネ2kg(4~5房)」も、羽合砂丘で栽培された果物のひとつ。なかなか砂丘で育てられた果物を食べる機会はないと思うので、「ふるさと納税」をキッカケに、羽合砂丘で栽培されたシャインマスカットやピオーネを味わってみては?

 改めて、今回紹介した自治体をまとめると以下の通り。
ふるさと納税受付終了の自治体ですマークのものは、自治体がその特産品に関する「ふるさと納税」の受け付けを終了、もしくは一時的に中断しています。

 ◆2018年度
  「ふるさと納税」で「シャインマスカット」がもらえる自治体のお得度ランキング!
(※2018年6月15日時点)
順位 お得な特産品の商品と量 備考
寄付金の使い道
1位  大阪府泉佐野市
・1万円⇒【秀品】シャインマスカット2.2kg(3~5房)
・1万円⇒シャインマスカット 約2kg(3~5房)
・1万円⇒シャインマスカット 秀品 約2kg
・1万円⇒産地からの直送便シャインマスカット2kg
ふるさと納税受付終了の自治体です
 ほか、1万円で「ピオーネ 約2.2kg(3~5房)」などがある
【寄付金の使い道】まなびプロジェクト(教育施設等の公共施設整備)/未来を創る教育プロジェクト(学力・体力向上推進、いじめ・不登校対策、奨学金貸付)など
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
2位  香川県丸亀市
・1万円⇒丸亀市場より直送!シャインマスカット!ド~ンと2kg
・1万3000円⇒丸亀産 シャインマスカット2kg
・1万円⇒シャインマスカット 1房 化粧箱 (600g以上)
 ほか、1万円で「丸亀産 マスカット・オブ・アレキサンドリア 約2kg」などがある
【寄付金の使い道】丸亀城を守り後世に残す事業/「子育てするなら丸亀」の実現をめざす事業/自然環境を守り活用する事業/子どもたちの教育に関する事業など
2位  福岡県うきは市
・1万円⇒中村柿ぶどう園 シャインマスカット2kg
・1万2000円⇒上村農園 特選シャインマスカット2kg箱
・1万2000円⇒浮羽フルーツマサック シャインマスカット2kg
・1万2000円⇒綾部農園 シャインマスカット2kg箱
 ほか、1万円で「伊藤園 巨峰4kg箱」などがある
【寄付金の使い道】ふるさと人材だいじに寄付/ふるさと産業いきいき寄付/ふるさと福祉すこやか寄付/ふるさと暮しまもろう寄付/ふるさと市長おまかせ寄付
2位  長野県須坂市
・1万円⇒朝採りシャインマスカット 約2kg(3房)
・3万円⇒宮川農園シャインマスカット4kg
・2万5千円⇒信州須高 高甫エリア シャインマスカット 約2kg
・2万5千円⇒シャインマスカット 約2kg
ふるさと納税受付終了の自治体です
 ほか、1万5千円で「信州須高 高甫エリア 種なし巨峰 約3kg」などがある
【寄付金の使い道】まちづくり/産業振興/子どもは宝プロジェクトの推進/市長におまかせ
2位  鳥取県湯梨浜町
・1万円⇒潮騒熟成ハワイ種なしシャインマスカット 3~5房(2kg)
・1万円⇒潮騒熟成特選ハワイ種なしシャインマスカット 1房(700g)
・1万円⇒”蔵出し”潮騒熟成特選ハワイ種なしシャインマスカット(700g×1房)
 ほか、1万円で「潮騒熟成ハワイ種なしピオーネ(2kg・4~5房)」などがある
【寄付金の使い道】子育て支援と教育・スポーツの振興/環境の再生/歴史的・文化的遺産等の保全・活用/産業の振興/高齢者の生きがいづくり/地方創世重点政策~天女のふる里・東郷湖「花」基金など
■以降のランキングは後日公開予定です! お楽しみに!!

 ちなみに、2018年の「ふるさと納税ランキング~シャインマスカット編~」で同率2位にランクインした自治体は、上記のほかに「和歌山県湯浅町」「長野県高森町」「山形県河北町」などがある。このほかの自治体については、後日公開予定の「【ふるさと納税】シャインマスカットがもらえる自治体ランキング!(2018年度版)」で発表するので、ぜひ、そちらもチェックしてみてほしい。

 ちなみに、「ふるさと納税」を実施している自治体は2000近くあるため、今回の調査でもすべての自治体を調べきるのは難しく、あくまで「ザイ・オンライン編集部調べ」となっている。

 この記事を見て「ウチの特典の方がすごいぞ!」という自治体関係者の方や「こっちのほうがお得だよ」という情報を持ちの方は、ぜひ下記メールアドレスまで情報をお寄せください。確認の上、追記させていただきます。
◆情報はコチラまで!(zol-furusato@diamond.co.jp)

2018年の「ふるさと納税ランキング~シャインマスカット編~」
同率2位の「香川県丸亀市」の「ふるさと納税」担当者にインタビュー!

「ふるさと納税ランキング~シャインマスカット編~」では、同率2位に「1万円の寄付でシャインマスカット2kg」がもらえる13自治体がランクインした。今回は、その中から「香川県丸亀市」のふるさと納税担当者・藤本さんにインタビューを敢行!

 まずは、実際に「丸亀市」の「丸亀市場より直送!シャインマスカット!ド~ンと2kg(3~5房)」に申し込んだ人からは、どのような声が届いているのか伺った。

「みなさまからは『丸亀市にこんなに農産物があるとは知らなかった』『初めて食べたけど、おいしくて驚いた』などといった反響を頂戴しています。『丸亀市』の特産品の中には、これまであまり知名度が高くなかったものもたくさんあるので、『ふるさと納税』を通じて、全国にPRしていけたらと考えております」

「丸亀市」のシャインマスカットもそうだが、「高品質なのに、あまり知名度が高くない特産品」というのは、全国のさまざまな自治体にある。返礼品を通じて、各自治体の知られざる特産品を発見できるのも「ふるさと納税」の醍醐味のひとつだ。

 では、そんな「丸亀市」のシャインマスカットの特徴は?

「この返礼品は、『丸亀市』の飯南地区で栽培しているシャインマスカットとなっております。平均糖度が17度と高く、注文された多くの寄附者様からご好評の声をいただいています。ちなみに、甘くて爽やかなシャインマスカットですが、実はお酒との相性が良いんですよ。特におすすめしたいのが、香川県の地酒である『凱陣』とのマリアージュ。それぞれのおいしさが一層際立つので、ぜひ、一度お試しいただきたいです」

 シャインマスカットと日本酒が合うとは驚きだ。ただし、残念ながら、藤本さんおすすめの地酒「凱陣」は、「ふるさと納税」の返礼品としては用意されていない。しかし、「楽天市場」などのネットショップでは販売されているので、気になる人はお取り寄せしてみるといいだろう。

 また、「丸亀市場より直送!シャインマスカット!ド~ンと2kg」は、限定500セットの返礼品とのこと。現時点(6月19日時点)で、270件ほどの申し込みがあるそうなので、すでに残りは半分を切っている状態。気になる人は、今すぐチェックしてみよう。

 シャインマスカットの返礼品に申し込みが殺到しているようだが、そのほかの返礼品はどうなのだろうか。

「6月15日の時点で、申し込み件数は1477件、寄附金額は2224万9000円となっております。総務省の通知に従って、昨年12月から返礼品の返礼率を変更した影響もあり、例年に比べると、申し込み件数や寄附金額が減少しているようにも感じられますが、それでも皆様のおかげで順調に寄附金も集まっております」

 例年よりは、ややペースが落ちているとのことだが、今年度が始まってから約3カ月半にもかかわらず、約2200万円もの寄付が集まっているのは、やはり「ふるさと納税」において「丸亀市」が人気自治体であることの証拠だろう。

 では、「丸亀市」は「ふるさと納税」の寄付金をどのような事業に使っているのだろうか。

「いただいた寄附金は、『丸亀城を守り後世に残す事業』や『子どもたちの教育に関する事業』など、全部で10種の事業に使わせていただいています。その中でも現在、特に注力したいのが『子供の居場所づくり』や『丸亀城石垣修復』などです。少子高齢化は『丸亀市』にとっても大きな課題なので、『ふるさと納税』の寄附金によって、子供を育てやすく、住みよい町を作っていきたいと考えています。また、国の重要文化財であり、『丸亀市』のシンボルでもある『丸亀城』は、日本で1番高い石垣を有する城郭。しかし近年、その石垣の痛みが激しくなってきているので、寄附金を使って石垣の修復を行い、大切な歴史遺産を後世に伝えていきたいと考えています」

 子供たちの未来を作っていくと同時に、大切な過去の遺産を守り伝えていく。まさに理想的な地域活性化の形であり、そのために「ふるさと納税」の寄附金が活用されるとあれば、寄附者としても嬉しいことだろう。

 最後に、2018年の「ふるさと納税ランキング~シャインマスカット編~」で、第2位にランクインした感想と来年度以降の目標を伺った。

「多くの方にご支持いただき、非常にありがたく思っております。『丸亀市』には、シャインマスカットのほかにも、桃や八朔(はっさく)といった果物に加えて、骨付鳥やアスパラガスなど、おすすめしたい特産品が山ほどあります。今後も『ふるさと納税』を通して、もっと多くの方に、これらの特産品を知ってもらえるよう努めていきたいと思います」

 たしかに、香川県でシャインマスカットが盛んに栽培されていることを、この記事で初めて知ったという人も少なくないかもしれない。お得に返礼品がもらえるのはもちろんだが、知名度の低い特産品を知ることができたり、寄附金の使い道などで地域をより深く理解できたりするのも「ふるさと納税」のメリット。今回のランキングを参考に、お得にシャインマスカットをもらいつつ、さまざまな自治体の魅力をさらに発掘してみてはいかがだろうか。

(取材・文/A4studio)