ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

デジタルの力で、製造業がサービス業に
なるための重要な過程とは

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第68回】 2017年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

保全修復におけるデジタル活用

 保全の3段階と修復の3手法のそれぞれの組み合わせにおけるデジタル技術の活用パターンを整理すると図1のようになる。いずれの場面においてもデジタル技術の活用が見込まれるが、保全においては事後保全から予防保全へ、そしてさらに予知保全へと対応レベルを高めていくためにセンサーやIoT技術の活用が期待されている。また、修復においても現地修復から遠隔修復へ、そしてさらに自動修復へと省力化・効率化のレベルを高めていくためにソフトウェアによる起動・修復・制御が期待されている。

 これらは、IoTを活用した製品のスマート化という戦略テーマにも関連しており、国内外でさまざまな取り組みが行われている(本連載第60回「IoTによるモノ売りモデルからの脱却は4つのパターンに分けられる」)。

 これまでも、診断プログラムの実装やネットワークを介した遠隔監視などは行われてきたが、IoTやビッグデータ分析の活用によって、その対象範囲が飛躍的に拡大し、対応方法も高度化している。例えば、シスメックスの医療用検査装置は自己診断に基づいて再起動、ソフトウェア更新ができる。JR東日本は、無線式センサーによりき電線の劣化状態を把握し、故障予兆を検知している。また、Diebold社のATMは、機能不全が検知されると自己診断し、可能であれば遠隔操作で修理する。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧