米朝首脳会談で笑顔を浮かべるトランプ大統領と金正恩委員長
米朝首脳会談で笑顔を浮かべるトランプ大統領と金正恩委員長 Photo:KNS/KCNA/AFP/AFLO

6月12日に開催された史上初の米朝首脳会談をめぐっては、「中身がなかった」といった批判がもっぱらだ。しかし、会談前後の両国の動きを見ていると、実はすでに段階的な非核化が進んでいると見ることができるのだ。(朝日新聞オピニオン編集部次長兼機動特派員 尾形聡彦)

国内外の評価が散々だった
史上初の米朝首脳会談

 6月12日に開かれた史上初の米朝首脳会談をめぐる国内外の評価は、散々だった。

 トランプ米大統領と、金正恩・朝鮮労働党委員長が会談を派手に演出し、「『完全な非核化』をうたったものの、それに至る具体的な道筋が署名文書にはない」という多くの指摘は、その通りではある。

 ただ、関係者によると、米朝間ではすでに互いに「行動で示す」段階に入っており、今回の首脳会談前後の動きはそれを裏付けるものになったと感じる。トランプ大統領が首脳会談後の会見で、「米韓合同軍事演習の一時中止」を唐突に発表したことはその証左だ。時間をかけて非核化を進める「段階的非核化」はすでにスタートしているといえるのだ。