関連会社役員に天下りし手取り35万でも家計は火の車
写真はイメージです Photo:PIXTA

定年後に関連会社に天下り
手取り35万円でも貯蓄ゼロ

 安定収入があることに油断し、将来に向けて貯めておくべきお金、つまり老後資金などの準備してこなかった人たちが、年金生活が目前に迫ったときに焦り始めるケースは少なくありません。

 中でも、大手企業に勤めている人や公務員の方に多い気がします。「定年したとしても、再雇用制度を使えば大丈夫」「退職金が2000万〜3000万円あるし、年金もある程度出るから安心だろう」などと考え、気持ちが緩んでしまっているようです。

 家計相談に来たZさん(62歳)は現役時代、大手企業で役職に就いていました。定年退職後は、関連会社の役員として毎月手取り35万円ほどもらうなど、定年後、比較的豊かな生活を送っていました。妻(57歳)は専業主婦で、2人の子どもは大学に通っています。

 子どもには、まだ学費などのお金がかかりますが、それもあと少し。話だけを聞いていると、周囲は「恵まれている家庭でうらやましいなぁ」と思うでしょう。しかし、Zさん一家の実態は違いました。