私がポール・アレンと出会ったのは中学1年の時だ。それが私の人生を変えた。私はすぐに尊敬の念を抱いた。彼は学校では2年先輩で、背が高く、コンピューターの天才であることを証明した(また後年、私には決してまねのできない見事なひげをたくわえた)。