原油価格の急落で勝ち組になったのは、主要なエネルギー輸入国である新興国だ。