―本書の中では、ご自身が在籍したニューヨーク・タイムズ(NYT)と、日本マスコミを比較し、彼我の差を際立たせる手法を取っています。

 米国かぶれという批判を受けるとも思いましたが、別にNYTの良さを書いたわけではなく、米国と比較することで、日本の記者クラブの悪いところをあぶり出したかったんです。朝日新聞は、いくら雑誌に批判されても、週刊誌ごときが何をほざくかという感じで見下しますが、朝日が崇めるNYTとの比較で言われると、彼らもジリジリするでしょうから(笑)。

―米国の新聞にも、日本と比べて良い部分もあれば、悪い部分もあると思います。

上杉隆 米国の良い面はまず、記者が自分のスタイル、文体で書けるので、読者もファンになりやすい。また、長い記事が書ける自由さもある。米国の新聞記事は、日本の週刊誌の記事に近い。ストレートニュースは、ワイヤーサービス(通信社)の仕事です。

 ただ、マイナス面もあります。各記者がバラバラに取材して書くので、日本のチーム取材と違って、情報量をクロスさせることができない。個人主義なので、同僚記者にも一切情報は渡さないという弊害があります。また記者の能力に依存してしまうので、ひどい記者の記事だと、事実誤認の多いとんでもないものも出かねない。そうした点では、日本の集団主義によるチーム取材の良さを感じますね。

―米国はジャーナリスト、日本はサラリーマン記者、とも書いています。

 米国のメディア業界では、一つの会社に長くいるほど、無能だと見なされることがある。米国型の職業としてのジャーナリストにしてみれば会社を移ること自体がプラスなんです。古巣に戻ろうと思えば、再び契約すればよい。メジャーリーガーの契約と似た感覚です。だから会社の方針にも正面切って反論し、ジャーナリストとしての信念を貫くことができる。しかし、日本は所得が極端に下がってしまうなど、フリーランスの利点が少なく、サラリーマンとして上の言うとおりに動く記者ばかりになってしまうのです。

―インターネットの影響で、マスメディア全体の力が落ちています。新聞社の部数減、広告収入の落ち込みは深刻です。

 新聞のオンライン化に関しては、NYTは早かった。広告収益もネットが本紙を上回りました。発行部数も新聞本体を存続できる程度で下げ止まっているという見方を、彼ら自身はしています。本書にも書きましたが、米国の新聞がなぜ経営が可能かというと、ストレートニュースを通信社に任せることで、少ない人数で紙面が作れるからです。一方日本は、各社3000~4000人も社員を抱えている。おそらくこれからは膨大な人件費を維持できなくなるでしょう。また取材もせず、記事も書かない上の世代が多数残っており、現場の若い記者が電車やタクシーを使っているのに、編集委員クラスがハイヤーを使っているような状態です。