モルガン・スタンレーが三菱UFJフィナンシャル・グループから出資を受け入れた当時、資本提携した大人しい日本の銀行が足枷になるとの懐疑論がくすぶっていた。