中国の配車サービス最大手、滴滴出行は米ウーバー・テクノロジーズを国内市場から追い出したが、それから3年近くたった今もなお、中核の配車事業を黒字化できずにもがいている。