契約した定額サービスをすべて覚えているのは難しいうえ、サービスの件数もわれわれが支払うべき金額も、知らず知らずのうちに膨らみ続ける。