服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男性に向けて、新刊『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。「これさえ持っておけば間違いない!」という小物選びの理論を伝授する。

おしゃれパーカーは女性ウケがいい

みなさんは、パーカーを着ることはあるでしょうか。
子どもっぽい」「部屋着だけにしている」などと、苦手意識がある人も多いことでしょう。

たしかに、パーカーにはカジュアルすぎる雰囲気が漂っています。
しかし、ちゃんと選び方を間違えないようにすると、大人でも着こなせるアイテムになります。

うまく着こなせば、女性からの印象は抜群によいです
ぜひ、選び方をマスターしましょう。

よくある「ライトグレー」は、NGアイテムです。
部屋の中で着るだけにしましょう。

どんなパーカーを着ればいいのか?

おすすめは、「ネイビー」や「ブラック」のシンプルなパーカーです。
「前にジップがついたタイプ」と「上から被るタイプ」の二種類がありますが、どちらでも構いません。

タイトすぎず、ゆるすぎず、「自分の体に合ったもの」を選びましょう。

「いいパーカー」(イラスト:須田浩介)

合わせるアイテムに要注意

パーカーがカジュアルすぎるアイテムなので、「パーカーにジーンズ」というラフすぎる服装は絶対にNGです
どこかにきれいめな要素がないと、学生のようになってしまいます。

たとえば、ネイビーのパーカーには、ブラックジーンズやスラックスを履くようにしましょう

「コーディネート例」(イラスト:須田浩介)

また、パーカーは重ね着にも重宝します。
春先には上からコートを羽織るのがおすすめです。
ビジネスっぽい雰囲気をもったコートとカジュアルなパーカーの組み合わせは、とてもおしゃれに見えます
ぜひ、1着もっておくようにしましょう。