商談を成功させるにはコミュニケーションセンスを磨く必要がある
Photo:PIXTA

商談時のコミュニケーションは「結果が求められる」という点で、仲間や同僚とのおしゃべりとは全く異なるものだ。自社製品やサービスについて、上手に説明できるだけでは不十分であり、常に「相手の興味関心や価値観は何か?」を意識しながら、相手の一挙手一投足、一言一句、表情の変化などを注意深く観察する必要がある。(AKTANA International LLC プリンシパルコンサルタント 高橋洋明)

「コミュニケーションの目的が何か?」を
忘れないこと

 以前のダイヤモンド・オンラインでの記事(『結果を出せる営業マンは「モノの見方の次元」が常に高い理由』)で、「営業として、ビジネスパーソンとして、他人から評価されるポイントはたくさんある」こと、そしてその取り組みどころとして最初に「コミュニケーションの目的が何か?を忘れないこと」をお伝えした。

 学生の放課後のまったりとした、たわいもない会話ならまだしも、結果を求められるビジネスの世界において、あらゆる商談は目的も意図も結果も求められる。

 このことを私たちは当たり前のように認識しているが、実際にはなかなか思うようにいかないことも多い。