――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」 ***  新型コロナウイルスが世界の経済成長に大きな打撃をもたらしていることを受け、日銀は27日、新たに一連の施策を発表した。残念ながら、施策が新しいのは見た目だけで、中身は使い古されている。  低成長と低インフレに打ち勝つために日銀が試行錯誤し始めたのは相当以前のことで、日本は金融政策の最前線に立つことが多い。だが、日銀による今週の決定が示すのは、世界の中央銀行の政策ツールを拡充するだけでなく、財政と金融双方の政策担当者が想像力を働かせなければならないということだ。