中朝を結ぶ新鴨緑江大橋開通に向け
北朝鮮が工事を再開

無期限開通延期となっている新鴨緑江大橋 Photo by San Miguel Chikuzen

 無期限の開通延期となっていた新鴨緑江大橋が、開通へ向けて動き出したことが分かった。

 この橋は、北朝鮮と中国の丹東市を結ぶ道路専用橋として建設され、橋自体はすでに2014年に完成している。中朝貿易の最大都市である丹東で現在、使用される中朝友誼橋(旧鴨緑江第二橋梁)が建設から77年たち、老朽化していることから建設が始まった。次世代の中朝貿易の大動脈と期待されていたが、2013年12月、金正恩委員長の義理の叔父である張成沢氏の粛清により中朝関係が悪化した影響を受けて、北朝鮮側の道路や入管・税関施設の建設が止まり、放置されていた。

 張成沢氏が粛清された理由の1つに中国利権が挙げられており、新鴨緑江大橋や北朝鮮北部の羅先特別市の羅津港を中国へ借款する契約を結んだことなどで、金正恩委員長の怒りを買ったとされる。

開通時期は来年夏を予定
中国が建設支援

 今月中旬に、丹東を訪れた瀋陽の中堅不動産業経営者と面会した丹東の北朝鮮領事館関係者が、新大橋は来年夏に開通すると伝えたとのことだ。現時点では中国側から正式発表はないものの、北朝鮮ニュースメディア「NKニュース」が北朝鮮側で道路敷設工事が始まっている写真を掲載して造成開始を報じている。

 当初は、新大橋を降りた北朝鮮側の道路や各施設は北朝鮮負担で建設する取り決めになっていたが、北朝鮮側が中国へ建設支援を求めたとされ、中国の建設企業が未開通の橋を渡り工事を進めている。

 新鴨緑江大橋は、全長3030メートル、2車線の自動車専用のつり橋だ。周辺に遮るものがないので、橋は存在感があり大きく見える。丹東側には、貿易会社が入居する国門ビルや巨大展示場などが造られている。さらに、新大橋自体が、大連と丹東を結ぶ丹大高速道路と連結されており、直接物資などを運び入れることができる。