同社技術者が開発した将棋AIの「Ponanza(ポナンザ)」は、17年に佐藤天彦名人(当時)との対局に勝利 Photo:JIJI

熾烈な生存競争の中で急成長している、国内のスタートアップ企業があります。将棋対戦アプリの中で屈指の人気を誇る「将棋ウォーズ」を運営する「HEROZ(ヒーローズ)」です。HEROZは2009年に設立し、18年にはマザーズ上場、翌19年には東証1部へ市場変更を果たしています。今回は、HEROZの事例をケースに「どんなビジネスモデルが成長を可能にするのか」について解説します。(早稲田大学商学学術院教授 井上達彦)

AI技術で人類を超えた
日本で唯一の企業

 HEROZは、日本で唯一、頭脳ゲームでAIが人類の知能を超える転換点(いわゆるシンギュラリティ)に到達した企業です。IBMの「DeepBlue」(チェス、1997年)、Googleの「AlphaGo」(囲碁、2016年)と並び、同社の「棋神Kishin」(将棋、2013年)は人工知能の発達の歴史に名を刻みました。

 この偉業のきっかけとなったのが将棋対戦アプリ、「将棋ウォーズ」です。このアプリは、共同代表の一人の林隆弘さんが、好きな将棋で得意なAI技術を生かそうという発想で2012年に開発・配信しました。レベルに合った同じ力量の対局相手をAIがランダムに紹介してくれたり、対局中にはAIに助けを求めることもできます。そして対局後には、AIが形勢判断や局面の最善手を解説してくれます。

2種類のマネタイズで
将棋対戦アプリの収益を安定化

 ユニークなのは、その課金方法です。課金方法は2つ。1つめは、毎月何度でも対局できる「対局数制限解除」課金(500円~)です。この月額課金モデルによって、繰り返し将棋を楽しむユーザーたちから継続して、安定的な収益を得ることができます。