ポンペイオ米国務長官と会談を行った菅義偉首相 Photo:Anadolu Agency/gettyimages

 トランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染、ホワイトハウス職員や政権関係者30人以上が感染者となる混沌とした情勢の中、ポンペイオ米国務長官が4日から6日まで来日し、日米豪印4カ国外相会議が開かれた。

 この4カ国は2007年以来QuAD(4カ国戦略対話)と称する非公式な同盟関係を結んでいるが、米国はこれをNATO(北大西洋条約機構)に準じた公式の同盟関係にし、中国包囲網を結成しようとしている。

 その看板は「共通の価値観」だが、米国の言う「共通の価値観」というのは怪しいものだ。

日本と米国は
「普遍的価値観」を共有するのか

 トランプ大統領は「アメリカ・ファースト」を公言し、米国が主導していた「TPP」(環太平洋パートナーシップ協定)や、気候変動対策を定めた「パリ協定」、イランの核開発を規制する「イラン核合意」から相次いで離脱した。