「斬新なものが無限に思いつく」たった1つの“簡単すぎる”思考のコツ藤原麻里菜氏

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「どんな?」をどんどんくっつける

「言葉をつくってそれに役割を与えてあげる」というのが、本書で最初に考えていく発想の手段です。ここまでは名詞と名詞を組み合わせて言葉をつくってきましたが、次は、名詞に修飾語を加えて新しいイメージをつくる方法を考えていきましょう。

 名詞に対して「どんな?」という疑問を投げかけると、そのもののイメージがより具体的になります。

「スタイリッシュなスマホケース」だとよくあるものになりそうだけれど、「あぶなっかしいスマホケース」だと新しいスマホケースをつくることができそうです。他にも「貧乏なスマホケース」「やわらかいスマホケース」と次々と考えていくことができます。

 企画も同じように考えていけそうです。「楽しい登山」だと普通だけれど、「さわがしい登山」にすると、常識から逸脱したおもしろい企画が考えられそうです。他にも「スタイリッシュな登山」「あぶなっかしい登山」、などなど。

修飾語の例
消える/真っ白な/あかるい/あぶなっかしい/おさない/おこりっぽい/さもしい/けがらわしい/さわがしい/かわいい/ぎこちない/おしゃれな/うすぐらい/おもしろい/きたない/パッパラパーな/極細の/スタイリッシュな/実体のない/黄金に輝く/ニュータイプな/貧乏な/全自動の/家庭的な/うっとうしい/防水の/大人向けの/丸い/やわらかい

 本書で先に紹介した「謝罪メールパンチングマシーン」は「ビジネスで使える」「パンチングマシーン」という言葉からつくったものです。これを考えたときは「パンチングマシーン」に対して「ビジネスで使える」という限定的な修飾語を加えたことで、別の役割を想像しやすくなりました(下記参照。音が出ます)

 適当に思い浮かべた修飾語を使ってもいいし、思いつかないときは、上記の修飾語の例を参考にしたり、インターネットで修飾語の一覧をぼーっと眺めるのもヒントになります。

 言葉を組み合わせていくだけで、既存のイメージから簡単に離れることができます。アイディアを考えるときは、どれだけ自由な想像に身をまかせられるかが重要です。そして、言葉はその手助けをしてくれるのです。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)