先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

失敗からアイディアを考える

 本書第2章では、日常生活で感じるストレスからアイディアを考える方法を紹介します。

 日常生活で些細なストレスを感じるシーンは多いですが、その中でも「失敗」というものは最も意識しやすいストレスであり、考えるきっかけを与えてくれるものです。

 生活の中で、失敗は誰にでもあります。カップ焼きそばをつくろうとして、湯切りのときに勢いあまって麺をシンクにぶちまけたことはきっと誰にでもあるだろうし、借りていた本を返すために友だちと会う約束をしたのに、肝心の本を持ってくるのを忘れたといったことも、誰にでもあるはずですよね。こうした失敗から、アイディアを考えていきましょう。

 まず、最近失敗したシチュエーションを思い出してみてください。大きすぎる失敗よりも、小さな失敗の方が考えやすいかもしれません。わたしの場合は、ズボンのチャックが全開のまま街をしばらく歩いていたり、そのまま人前に立ってしまって、めちゃめちゃ恥ずかしい思いをしたことです。

失敗を回避するには?

 では、「どうやったらその失敗を回避できたか」を妄想してみましょう。このとき、社会人らしく現実的に考えるのをやめると、より思考が広がっていくと思います。「こんなドラえもんの道具があったら解決できたのに」とか、「ペガサスがいたら失敗しなかった……」みたいな非現実的な方向で妄想すると、いままでにないような視点で失敗を見ることができるはずです。

 わたしの場合は、IoTの技術を使って解決できないかなあと妄想してみました。

 ズボンのチャックにセンサーをつけて、一定時間チャックが下がっていると、自分のスマホに「チャック開いていますよ」とLINE通知を送る仕組みをつくるのです。人に注意される前に、自分で気づくことができる画期的なデバイスがつくれそうです(下図参照)

『ズボンのチャックが開いているとLINEが来るマシーン
一定時間チャックが開いていると、センサーが反応して、スマホに通知がくる。(『考える術』より)

『考える術』では、こうした失敗から考えるワザのほか、「逆を考える」「情報から考える」「短時間で考える」など、自分らしいアイディアを次々と生み出せる71の考えるワザを紹介しています。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)