Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「考える習慣」があるかないか

 面白いアイディアを思いつくには、同じものを見ても、どれだけ人と違った感じ方ができるかが大切です。

 日ごろから、目に映るものからいろいろなことを考える癖をつけていきたいです。

 散歩をしていて、目の前につぶれた缶が落ちていたとします。どうでもいい光景ですが、たくさんの想像ができます。

 たとえば、似たかたちを探してみたらどうでしょうか。わたしは前につぶれた缶を見たとき、丸い付箋の束のように見えました。つぶれた缶形の付箋があったらどうでしょう。

 誰もいらないか。でも、わたしはちょっとほしいです。

 嘘のバックグラウンドを想像することもできます。

 その缶は、誰かがポイ捨てしたものをトラックか何かがつぶしたのかもしれません。

 でも、そんなありがちな推測から離れて、他の可能性を考えてみるのです。

 もしかしたら、缶を持った人が地面にめりこんでいって、でも缶だけはめりこまなくて、つぶれた状態で残ったのかもしれません。超能力を持っている人がきまぐれにつぶしたのかもしれません。

 日ごろからこうして見るもの、聞くものに対して、どんな想像ができるか考えることを習慣にすることをお勧めします。

 そのうちに、考えることがどんどん楽しくなってきます。本書で紹介している、さまざまなものの見方をプラスして生活を送ってみると、きっと、森羅万象にアイディアの可能性を感じることができるはずです。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)