Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

人は「必ず」忘れる

 人というのは忘れてしまう生き物で、わたしはその中でもとくに忘れっぽいため、思いついたアイディアを一覧にしてストックするようにしています。

「無駄づくり」をやっているわたしですが、このあたりはしっかりと効率化できるようにウェブソフトを使って表にし、1つのページでいつでもパッと確認できるようにしています。

 これによって、新しいアイディアに困ったときに過去の自分を頼りにすることができるのです。

 そこで大切なのが、タグ分けです。アイディアのタイトルの横に「実現したい気持ち度合い」のタグを追加しています。


「やる」「うーん」「やっぱやらない」の3つのうち、アイディアに対して、どれだけの興奮具合を持っているかをタグ付けして分けています。

「実現したい気持ち度合い」で整理する(『考える術』より)

「これはすごいアイディアだ!」と興奮しているものに対しては「やる」をつけ、「つくってみたら楽しいかもしれないけど、そんなだな……」という微妙なものに対しては、「うーん」をつけます。

 そして、何回かページを見て、「このアイディアは実現しなくてもいいな」というものは、表から消したりはせずに「やっぱやらない」のタグをつけることにしています。

 なぜ消さないのかというと、いつか見返したときに、このアイディアからまた別のアイディアが思い浮かぶかもしれないからです。

 つまらないアイディアでも、何かの役に立つ可能性はゼロではありません。

 そして、アイディアを実現するにあたっての具体的な方法や障害、考えなきゃいけないことも同じようにまとめています。

「無駄づくり」の場合は、設計図も添付している場合が多いです。

 なるべく未来の自分がスムーズにアイディアを活用できるように、「過去の自分、ちゃんとしてんじゃん」とほめられるように生きていきたいです。

 それに、アイディアを実現するための方法を考えたり、設計図を書いていると、その過程でアイディアの根本の間違いに気づいたり、別のアイディアが思い浮かんだりすることがあるという効果もあります。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)