文大統領
Photo:Handout/gettyimages

ソウル市長選の与党惨敗で
反省と刷新の要求が続出

 4月7日のソウル・釜山市長補欠選挙の惨敗を受け、「共に民主党」(以下“民主党”)の内外から、一層徹底的な反省と刷新を求める要求が続出した。1年生議員81人は9日、集会を開き「党改革の主体になる」と明らかにした。このグループは12日に再び集まることにした。1年生議員は総会を随時開き、独自の刷新案を準備して指導部に建議するという。2年生以上の再選議員49人も12日に会合を開き、党の刷新案について議論する。

 民主党は8日、補欠選挙惨敗後に都鍾煥(ト・ジョンファン)非常対策委員長体制を発足させ、院内代表予備選挙と全党大会の日程を早める「収拾案」を出した。しかし、集会に参加した1年生議員の中からは、都氏は親文在寅派であり、「これが反省の姿勢か」という問題提起がなされている。