「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そうした「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは12月に出版した初の著書『転職が僕らを助けてくれる――新卒で入れなかったあの会社に入社する方法』で、自らの転職経験を「再現性のあるマニュアル」にして全て公開している。その戦略は「外資系やコンサル業界は、学歴エリートでなくても入れる」「職歴に一貫性はなくてもいい」など、これまでの「転職の常識」を塗り替えるものばかりだ。どうしたら人生を変える転職ができるのか、どうしたらいい会社選びができるのか。この連載では本書より一部を特別に公開する。

工業高校卒から年収1000万になった僕が発見した「転職で成功する人」と「今の会社にいた方がいい人」の決定的な違いPhoto: Adobe Stock

「転職のために実績づくりをしよう!」「転職のために市場価値を上げよう!」

 そう煽る人はたくさんいますが、結局のところ日々の仕事で何をすべきなのか、具体的に教えてくれている人は存在しません。「デキる人になれ」みたいなことが、ふわっと伝えられるだけ。

 結果的に、「実力で勝負したい」と考えているやる気のある若い人ほど、このテーマについて勘違いをしていることが多いなあ、もったいないなあといつも感じます。

 典型的な勘違いの例が「社内MVP」です。

 実際、職務経歴書や面接の場で「自分は何々期MVPで~」とか「営業部で売上ナンバーワンをコンスタントに獲得している」といったアピールをする人はよくいます。

 僕は社内MVPを否定する気持ちは全くありません。1位をとるためには、圧倒的な努力が必要で、成し遂げた人を尊敬しています。実際社内MVPは、「1社で勤め上げ、出世していく」これまでのサラリーマンの王道コースを歩むためには、とても重要な称号でした。

 それでも僕自身が、転職活動で社内MVPを重視していない理由は2つあります。

 ひとつは、圧倒的にコスパが悪いからです。僕を含めこの本を読んでいるのは、学生時代の学歴レースでも、そして新卒採用というレースでも「1位」をとっていない人だと思います(単刀直入な書き方ですみません……)。長い間「1位ではなかった人生」に失望し、苦しめられてきたのに、なぜまた仕事のレースでも1位を目指してしまうのでしょうか。僕からすると、結果が見えているレースのために、大量の時間とリソースを投じることは、かなりムダに思えます。

 もうひとつの理由は、転職市場に出た途端、「MVP」はそんなに希少価値ではなくなってしまうからです。

 MVPとは、言い換えれば「社内のコンテストで1位をとった人」。転職市場に視野を広げれば、ナンバーワンは各社に一人ずつはいるわけです。スポーツの試合で、予選である県大会では1位でも本選である全国大会に行けばいくらでもライバルがいるのと同じ。結局限られた世界での実績として評価されてしまいます。実現するのが大変な割に、評価されない。「1位を狙う仕事術」は、社内で出世するためには必須ですが、わらしべ転職にはそれほど向いていないのです。

 では、僕らが身につけるべき「実績」とは何か。僕は悩み相談を受けるたびに「他の人がやらない仕事を狙おう」とアドバイスしています。「ナンバーワンではなくオンリーワンを狙え」と言い換えることもできます。

 サラリーマンとしてある程度の期間働いていると、社内の「花形部署」「出世コース」がだいたい決まっていることに気づきます。そしてそこから少しでも自分が外れると、劣等感や無力感を抱いてしまいがちです。

 特に、ピラミッド型の組織や成果至上主義の環境にいる人ほど、自分に自信を持てずに苦しんでいるかもしれません。優秀な成績を収める同僚と自分を比較し、「MVPになれない辛さやストレス」を感じているのではないでしょうか。

 しかし僕は、誰もが異動したがる「社内のエース部署」や誰もがやりたがる「人気のプロジェクト」にはほとんど興味がありません。PwCでもデロイトでも、前職の製造業の経験を生かせる、評価されやすいプロジェクトだけを選んで参加していました。

 スバル時代も、本業の仕事はこなしつつも、その他に、自分で交流会を立ち上げていました。

「他の人がやらない仕事」を狙う。この戦略なら、社内で「横並び」の熾烈な競争をする必要はありませんし、ライバルがいないので成果にもつながりやすい。僕らが転職でPRする実績をつくるには、うってつけなのです。

※この記事は『転職が僕らを助けてくれる――新卒で入れなかったあの会社に入社する方法』からの抜粋です。