【ヨハネスブルク】ロシアの商船1隻が昨年12月、位置情報を知らせるトランスポンダの電源を切って南アフリカ最大の海軍基地にひそかに寄港していた。米政府高官や目撃者などが明らかにした。商船の保有者は過去にロシア政府向けに兵器を輸送していたとされ、同基地で降ろした積み荷や積み込んだ貨物の詳細は明らかになっていないという。  南アフリカ政府はこの商船が輸送した積み荷や、サイモンズタウンにある海軍基地で積み込んだ貨物についてコメントを控えた。  ロシアの海運会社MG-FLOTが所有する商船「Lady R」の寄港を受け、米国と南アフリカの関係は緊張している。