いよいよ新年度が近づいてきた。新しい年度のはじめは人事異動の時期。なにかと心がざわつき、不安で落ち着かない時期かもしれない。
そんなとき、おすすめなのがベストセラー『1日1分見るだけで願いが叶う! ふくふく開運絵馬』の著者で、日本随一の「神道文化賞」を受賞した絵馬師の「1日1話」に耳を傾けることだ。
見るだけで癒された」「本当にいいことが起こった」と話題の本書をベースに、新年度から、金運・仕事運・恋愛&結婚運・長生き健康運・人間関係運などの御利益を誰よりも早く拝受するには、今、このタイミングでどんな習慣をリスタートすべきか、“とっておきの習慣”を紹介する。

【“神々”との[幸運。]答え合わせ】<br />すごい運がいい人になる「確実開運力」を受け取る方法。必ず負けない勝ち組になる。[一粒万倍日に知る]Photo: Adobe Stock

リスタート時に今すぐやるべき行動

 春は生まれ変わりができ、リスタートができるタイミングです。

 その中でも、春分は暦的にも運勢的にも特別な日です。

 令和5年は3月21日で、この春分は、昼と夜が半々になる陰陽の図柄通りのエネルギーがバランス取れた日となるのです。

 春分の日は、ちょうど、春のお彼岸となり、黄泉の世界とつながりやすくなります。

 黄泉の世界にいるのはあなたを守って下さる、ご先祖様たち。

 ご先祖様とのコミュニケーションを取るためには、きちんとお墓参りをし、心の底から感謝を告げることが大切です。

 そうすることで、ご先祖様が必ず力になってくれます。

 私たちが大開運するために力を貸して下さる神様との間には、必ず伝達者として、守護霊様やご先祖様など、あちらの世界の身近な存在の力がとても必要となります。

 あなたが夢を本当に叶えたいなら、そういって見えなくても守って下さる存在に感謝して、このお彼岸に伝えてみてください

新年度から幸せをつかめない人の特徴

 これを逆にいえば、新年度から幸せをつかめない人は、春分の日やお彼岸に、お墓参りなどを一切せず、ご先祖様に心の底から感謝の気持ちを伝えない人、といえます。

 今、このタイミングでやれることにベストを尽くすのが「結果を出す人」と仮定すれば、私たちが取る行動はたった1つです。

 神様に応援される人は必ずご先祖様を大切にしています。

 今すぐ、春分の日の行動計画を立ててみてください。

(本原稿は、ベストセラー永崎ひまる著『1日1分見るだけで願いが叶う! ふくふく開運絵馬』をベースに、新たに著者が書き加えたものです)