米議会下院の議員2人が3月、同国史上最大級の銀行破綻2件の影響を抑える政府の取り組みに関わる中、銀行株の売買を行っていたことを報告した。  与野党議員によるこの開示は、議員の株取引と公務との関連が疑われる新たな事例となった。  ニコール・マリオタキス下院議員(共和、ニューヨーク州)は、シグネチャー銀行の閉鎖に伴い、銀行持ち株会社ニューヨーク・コミュニティー・バンコープ(NYCB)の子会社がシグネチャー銀の預金引き継ぎで合意する前に、NYCB株を購入した。同氏によると、NYCB株購入の数日前、金融規制当局者らとシグネチャー銀の閉鎖について協議していた。