ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

航空会社もホテルも真っ青!
旅行サイト「カヤック」の徹底料金比較

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第14回】 2008年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

 たとえば、サンフランシスコからホノルルまでの航空券を探していたとしよう。カヤックのサイトでは、都市名と日付を入力しただけで、脇のカレンダーに同月の何日に出発するのが一番安いかがすぐさま表示される。

 選択肢を詳しく見たければ、検索結果ボタンをクリックすればいいだけ。検索結果リストが料金と共に出てくるが、これは数100の航空会社のデータベースを活用したものである。ホテルならば11万5000件以上、レンタカーなら主だったレンタカー会社すべての在庫データが含まれている。オンライン旅行代理店サイトを見るだけでは、その料金が安いのか判断できないが、カヤックでは合計額が一覧で比較できる仕組みとなっている。

 さらに、凝っているのはここからだ。検索結果は、安い料金順、航空会社指定、出発/到着時間指定、フライト時間指定などのさまざまなフィルター設定で絞り込むことができるのに加えて、ここでも航空会社別に直行便と乗り継ぎ便の料金を比較した一覧表が閲覧できたり、前後の日程で料金を比較したグラフで有利な日程を選んだりすることもできるのだ。

 アメリカでは、需要によって航空運賃やホテル料金が変動するので、これはありがたいサービスだし、何よりも従来旅行代理店が一手に握っていた情報に私たちもアクセスできることが嬉しい。今までは一方的に与えられるだけだった旅行関連情報が、カヤックではユーザーが主役になって操作しているという感覚が確かにある。

カヤックは旅行分野の
検索に特化したグーグル

 カヤックの収入モデルは、広告費と照会料(55セント~2ドル)、そしてUSAトゥデイやAOL、CNNといったメジャー・サイトが設けている旅行コーナーへのライセンス料だ。比較サイトと呼ぶとわかりにくいが、カヤックがやっているのはグーグルと同様の検索、それも旅行分野に特化した垂直型検索である。

 カヤックは、2007年末にシリーズDラウンドの資金2億ドルを受けた。名を連ねているのはセコイヤ・キャピタル、アクセル・パートナーズなどの有力ベンチャーキャピタル。年商は、8500万ドル程度と見られている。グーグルなどの大型サイトに買収されるのか、あるいは旅行サイトとしてIPO(新規株式公開)を果たして成長していくのか、今後の展開が注目される。

previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子
[ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。

ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧