経営 × ビジネスSNS

課題は部長同士のコミュニケーション?
「オフィス内」の働き方を見直す動きが加速

河合起季
【第7回】 2014年8月22日
previous page
5

“ちょっと相談”がしやすい
デスク配置の法則とは?

4つ一組の机が並べられた営業部門のフロア。通りがかりに話がしやすいという

 もう1つ、法人営業エリア(右の画像)の工夫を紹介しておこう。

 このエリアは、固定席とフリーアドレス、ミーティング席で構成。間仕切りのあるデスクがアシスタント用の固定席で、その周りに同じグループの人が座ることでコミュニケーションをとりやすくしている。

 フリーアドレスの席数を、1つの島につき4席としているのも、コミュニケーションを増やす工夫の1つ。こうすれば4席とも片側が空き、用件のある人が訪れた時に話がしやすくなるからだ。じっくり話したい時のイスも用意されている。

 このスタイルによってオフィス効率もアップし、社員あたりの面積は一般的なオフィスの3分の2程度という。

カイゼン委員会を設置し、
継続的に改善を図る

 リニューアル後は、カイゼン委員会を設置し、新しいオフィスに関する社員の要望や不平不満などを吸い上げ、優先順位をつけて継続的に改善している。

 たとえば、シュレッダーの周りは紙くずがちらかりやすい。その対処法として最初は「回転粘着式清掃器具(コロコロ)」を置いたが、不評だったため、現在は「ハンディ掃除機」を設置した。こうした改善箇所は写真で貼り出し、広く告知している。社員が不満を持ったりストレスを感じない環境づくりを続けることが重要なようだ。

 斬新な「シェアフラット」というスタイルを導入した霞ヶ関ライブオフィスのように、ビジョンや課題に合わせて考えるのが、これからの時代のオフィス空間。さまざまなスタイルのオフィスが生み出され、それに伴い、働き方も変わっていきそうだ。

previous page
5

理論から実践まで「働き方改革」への挑戦

業務効率化、子育て・介護の支援、チームワーク、コスト削減、災害対策など、多岐にわたる働き方の課題を、専門家へのインタビューや企業の現場取材で明らかにする。

「ビジネスSNS」のメリットをわかりやすく解説

いつでもどこでもスピーディに情報を共有し、ビジネスを前に進める。ビジネスSNSの活用でワークライフバランスも改善。活用イメージと実際の操作手順をYoutube動画で解説。

[ LINE WORKS導入事例 ]
株式会社IDOM
(旧・ガリバーインターナショナル)

[ LINE WORKS導入事例 ]
コネクシオ株式会社
 

 

LINEとつながる唯一のビジネスコミュニケーションツール LINE WORKS

LINE WORKS各機能のご紹介
 

 

[ ビジネス版LINE ]
LINE WORKSでシャドーIT対策

[ LINE WORKS導入事例 ]
スマホでスキマ時間活用編


「働き方」という経営問題―The Future of Work―

人口減少による働き手の不足と経済・社会のグローバル化が、企業経営を取りまく大問題となっている。そのなかで、企業が競争優位性を築くためのキーワードとして浮上しているのが「ワークスタイル変革」だ。識者への取材や企業事例の紹介を通じて、すべての企業と働く人に問われている「働き方」の課題を明らかにしていく。

「「働き方」という経営問題―The Future of Work―」

⇒バックナンバー一覧